サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. フォー・ディア・ライフ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フォー・ディア・ライフ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-208853-3
  • 国内送料無料

紙の本

フォー・ディア・ライフ

著者 柴田 よしき (著)

新宿の夜を走り続けろ。無認可保育園の園長にして、ヤバイ仕事も引き受ける私立探偵。ふたつの顔を持つ主人公が、裏社会に生きる男と女の欲望に立ち向かった。眠れない男の新・探偵物...

もっと見る

フォー・ディア・ライフ

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新宿の夜を走り続けろ。無認可保育園の園長にして、ヤバイ仕事も引き受ける私立探偵。ふたつの顔を持つ主人公が、裏社会に生きる男と女の欲望に立ち向かった。眠れない男の新・探偵物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京都生まれ。青山学院大学文学部フランス文学科卒業。出版社勤務等を経て執筆活動を始める。著書に「炎都」「少女達がいた街」「月神の浅き夢」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

2004/11/27 22:10

投稿元:ブクログ

東直己の世界の新宿版風な一冊である。
主人公の園長探偵・花咲の裏社会の端っこにはいても自分に嘘はつかない(つけない?)姿勢が 裏社会に引きずり込まれないところでバランスを保っているのだ。
だらしないのかカッコイイのかよくわからない花咲のキャラクターが魅力である。

タイトルの fora dear life とは 「一生けんめい」「命からがら」などの意味があるそうだ。まさにタイトルどおりの物語である。

それにしても 柴田よしきさんという作家は とても幅広い作風を描き分けるかただと改めて感心する。

2005/11/25 17:12

投稿元:ブクログ

ちょっと抜けてる?花ちゃんがいい味(笑)RIKOシリーズの中の人も結構登場していて、ここでもやっぱり愛され続けている韮崎…。すごく読み易くて面白い。

2005/11/01 00:34

投稿元:ブクログ

新宿2丁目無認可保育園の園長兼探偵の、花咲慎一郎シリーズの一作目。
資金不足の園の為、粉骨砕身働いてます。
頑張れハナちゃん!

緑子ちゃんシリーズの若頭vも出てきます!

2008/03/22 23:34

投稿元:ブクログ

新宿二丁目の無認可保育園「にこにこ園」の園長にして裏仕事を請け負う私立探偵花咲慎一郎。
元刑事で女房に捨てられ、保育園のために命がけの借金を背負って、探偵業で金稼ぎ。
しかし回ってくる仕事はヤバイものばかり…。
新宿で這い回る、誰より熱くて優しい男、ハナちゃん。
その行動に感動すること間違いなし。

シリーズ第一弾。
RIKOシリーズ、「聖なる黒夜」とのリンクで楽しさ2倍!

2009/09/19 23:03

投稿元:ブクログ

2009.9.20

花咲慎一郎シリーズ第1作
人生には時々、流されないと生きて行かれない瞬間が来る。そういう時は流されてもいい。
だけど流れが穏やかになって自力で泳げるようになったら、泳ぐことだ。
出来るだけ早く自力で泳ぐことを始めて、自分が着きたいと思っていた岸をもう一度目ざす。
そうじゃないといつまでも流されて、どんどん自分が本来着きたかった場所から遠ざかる。
自力で泳いでいる間に目的地を自分の意思で変更するのは構わないんだ。だが流されている
だけなのに、安易に手近の岸にあがろうとしちゃダメだ。もう一度高校生活を始めて、
それで高校に通うことが自分にとって必要かどうか、自分の頭で考える。その上で必要でないと
思ったら、やめて探偵の修行でもなんでも始めたらいい

2013/05/09 00:12

投稿元:ブクログ

探偵物が読みたくて、借りた本。

探偵は探偵でも、推理物ではなったけど、読みやすくて面白かった。

2009/02/01 05:20

投稿元:ブクログ

続刊、
『フォー・ユア・プレジャー』
『シーセッド・ヒーセッド』
も同時に。

同じく、こっちは花咲慎一郎という保育園園長兼私立探偵が主人公のシリーズです。
時間軸はフォー・ディア・ライフが丁度月神の後くらい?かな。
お人好しな探偵さんが赤字経営の保育園を存続させるため、裏の仕事として探偵業を営んでるってところですか。
元々は警官で、正当防衛とはいえ同僚殺しの汚名を着せられて退職し、元春日組組長の愛人に拾われて園長になったようです。
しかしその園の場所が問題で、色々あって花咲は練に己の生命保険を担保として四千万の借金を負うのでした(笑)
その関係でちょくちょく練が出てきて私としては嬉しい。麻生は今のところ話にも出てこないですが。
こちらの練も非道です。でも花咲が男だからか打たれ強いからか、緑子視点よりはまだ優しさがあるような気がしますね。
娘かも知れない赤ちゃんに対しても、さっさと処分するんじゃなくてわざわざ花咲に預けるし。(※シーセッド・ヒーセッド)
練が親子鑑定をしたがったのは、ひょっとして跡継ぎ云々は関係なく、花咲の独白にあったように麻生との子ども(というか家庭)が欲しかったからじゃないかな、と考えるとせつない気持ちになります……。
前に子どもが産んでみたいって言ってたみたいだし、可能性としては結構高いと思います。
まぁ、子どもにとっては実母に引き取られた方が幸せなのは間違いないでしょうが、実際はどうだったのかなー……。

一つ疑問があるのですが、仁志のガンで死んだ母親=吉川早苗って、麻生の恋人だった槙さんのことですかね?(※フォー・ディア・ライフ)
確か槙さんの本名がそれだったような気がするんですが、あの人は昔に事故(というか事件)で亡くした息子さんがいたきりじゃなかったっけ?
他に息子がいるって話は出てなかったような気がするんですが、どうなんでしょう。
その辺のフォローってどこかされてたのかな……多分私の読み落としでしょうが……。

しかしこの人の小説を読んでいると、つくづく性別と恋愛が関係ない気がしてきますね。
むしろノーマルの人達がメインにいないというか……倒錯した恋愛関係ばっかりだから(笑)
緑子と花咲にまとも(?)な恋人がいるところが逆に珍しい感じ。

2011/07/31 22:30

投稿元:ブクログ

新宿2丁目にある無認可保育所「にこにこ園」の園長・花咲慎一郎は、刑事だった過去を捨て、副業として保育所のために少々危ない仕事も引き受ける探偵もやっている。
今回は、家出少女の捜索とやくざから身請けした家出少年とのいざこざに奔走するハナちゃんの怒涛の日々でした。

「聖なる黒夜」・RIKOシリーズから辿りついたので
この一見人情味溢れる感じに拍子抜けしましたが
やっぱり一筋縄ではいきませんでした。

ただ、事件自体は血生臭いことも生々しいことも控えめだったし、
詰め込みすぎな感じも全部が繋がるパターンもお決まりで、
柴田さんの作品に慣れてきたためか、可もなく不可もなくというか。
安心して読めるけど、前作以上のインパクトはなかったかと。

しかし、作中JUNEが出てきたりゲイが出てきたり、
ああやっぱりか、と思わずにはいられませんでした…

あとはもう山内です。
山内と韮崎が出てくるたんびにニヤけます。
今後彼がどのように関わってくるかがいちばんの楽しみです。

2010/01/14 22:25

投稿元:ブクログ

軽妙で読みやすいハードボイルド。もっとも、ばりばりの「ハードボイルド」が読みたくて読んだ人には物足りないかもしれないけれど、あまり読みなれていない私にはちょうど良いな。
あ、なんだか「聖なる黒夜」とものすごく繋がってる感じがするぞ。これはぜひあわせて読むべき!

2011/02/22 21:17

投稿元:ブクログ

警察官時代の主人公、嫌なやつすぎてびっくりした…。
日本で働く外国人たちの国籍の問題、夜の世界で働く母親たちの子育て、この国の様々な問題が垣間見える。

2014/01/09 17:28

投稿元:ブクログ

話の中にRIKOシリーズにもでてくる山内がでてくるというので、読んでみた。
元刑事で保育所の園長、そして時々探偵。
それだけで魅力的な主人公の花咲慎一郎がこの一冊だけで好きになった。
引き続きこのシリーズを読みたくなる一冊。

2013/05/20 12:50

投稿元:ブクログ

歌舞伎町で託児所を経営する主人公の話。歌舞伎町という立地なので出てくる登場人物も色々なジャンルの人が出てくる。その中で幸せを求める主人公に共感を覚える。

2014/01/14 21:24

投稿元:ブクログ

歌舞伎町で保育園を営みつつ、保育園業を支える為に、裏家業として探偵をする園長のお話。何とも両極端な話で、詰め込み過ぎと思うこともあるが、それが窮屈ではないのは、出てくる登場人物が悪役も含め、魅力的なのだと思う。
物語の中で誰もが一生懸命に生きている。