サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

首都消失 下(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-403-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

首都消失 下 (ハルキ文庫)

著者 小松 左京 (著)

【日本SF大賞(第6回)】【「TRC MARC」の商品解説】

首都消失 下 (ハルキ文庫)

843(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2008/12/30 17:30

投稿元:ブクログ

始:2008年12月?日〜了:12月30日

・ある日突然巨大な雲が出現、首都の上に覆いかぶさった。
 首都との通信はとだえ、人や物の流れも完全にストップ、
 日本は政治・経済・外交など機能の大部分を占める首都の機能を失った。
 それに伴う損失や起こりうる冷戦下の諸外国の動きと日本国内の臨時政府の画策など息詰まる
 攻防にドキドキ(下巻)

2011/09/05 22:15

投稿元:ブクログ

起きるだろう事実。信じられない事実。
その境界線は見ることが出来ない。

小松さんが伝えたかたったことの一つに感じました。
微妙なバランスの下に人間生活が成り立っている。それが小松さんの作品を通して伝わる大切なエッセンスです。

東京がなくなった、こんなことを想像して、具体的対応を考えてみたことがある人がどれだけいるでしょうか。

未曾有の大震災が発生した今だからここ、読むことで気がつかされることは多いです。
政治体制、経済システム、外交関係、家族、人間生活。

2011/08/28 07:45

投稿元:ブクログ

近未来の描写の正確さが恐いほど。それにしても、小松氏の未来にはきちんと責任のとれる政治家とか学者とかがいていいなあ。

2012/03/29 23:33

投稿元:ブクログ

下巻はまあ、一気に収斂していくわけですが。

雲の謎を解き明かそうとしている所は面白いが、
それ以外はちょっと退屈してしまう所もあり
若干、微妙な感じがある。

また雲についてもSFな展開があり、
それとなく匂わせていつつも、いざそうなると、
突然すぎる印象が拭えない。

ラストについても、終わらせるためのラストみたいで、
別の展開にしておいた方が良かったのではないか…と
思ってしまった。

が、設定は面白いし、大国の動向や国内の動きの
シュミレーションは緻密で読み応えはある。

映画がリメイクされないかな…と密かに期待したい。
今の日本の状態で、東京がブラックアウトしたらどうなるのか。
…あ、大阪のあの人が出てくるのか。

2012/02/23 15:52

投稿元:ブクログ

上下巻共に一気に読みました。
首都圏を襲った謎の雲の影響で、東京が外部と隔絶してしまう話。
首都との連絡交通手段が失われ、日本という国を襲うさまざまな危機を何人かの登場人物を通して描いていく感じの話です。
同じ著者の「物体O」などとは違って、閉じ込められた首都圏の内部視点の話ではなく、外部から見た話になります。

カテゴリーこそSFにしていますが、もしも首都が日本から消えたらを考える、どちらかと言うとポリティカルフィクションの色あいが近いですね。

終わりの方が結構駆け足で終わっちゃうのと、唐突な不倫のシーンには面喰いますが、まあ連載物だとブレみたいなものもあるんでしょうか…。そこが少々もったいないですね。

2012/04/25 17:12

投稿元:ブクログ

消化不良のエンディング。地震に救われるのも、今一つ現実味に欠ける。
ただ、伝えたいことは良くわかり発想・設定はSFとして大変面白かった。

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る