サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちひろの詩
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:19cm/62p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-494-02324-8
  • 国内送料無料

紙の本

ちひろの詩 (ちひろからあなたへ)

著者 いわさき ちひろ (文・画),ちひろ美術館 (編)

多くの人々に親しまれているちひろが、生前に書きのこした詩、子もり歌、エッセイと、さまざまな手法で描かれたイラストを組み合わせた詩画集。心あたたまる、ちひろの秀作を選んで贈...

もっと見る

ちひろの詩 (ちひろからあなたへ)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

いわさきちひろYAセレクション 5巻セット

  • 税込価格:7,02065pt
  • 発送可能日:7~21日

童心社YA朝読セット 9巻セット

  • 税込価格:12,636117pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多くの人々に親しまれているちひろが、生前に書きのこした詩、子もり歌、エッセイと、さまざまな手法で描かれたイラストを組み合わせた詩画集。心あたたまる、ちひろの秀作を選んで贈る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

いわさき ちひろ

略歴
〈いわさき〉1918年生まれ。画家。絵本や児童書の挿絵で多くの作品を残す。代表作に「おふろでちゃぷちゃぷ」「ことりのくるひ」、画集に「ちひろ美術館」など。74年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

沈黙の余情

2003/11/03 21:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

そろそろ花やさんの店頭にシクラメンの花が並ぶ頃となった。

赤いシクラメンの花をみるたびに思い出すのが「いわさき ちひろ」さんの詩と絵「赤いシクラメンの花」。
シクラメンの花びらのひとひらに子供の顔が悲しげに描かれているのが印象的。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤いシクラメンの花

(前部省略)
ひとつひとついつとはなしにひらいては
仕事中のわたしとひとみをかわす

去年もおととしもその前の年も
ベトナムのこどもの頭の上に
爆弾はふった

赤いシクラメンの
その透き通った花びらのなかから
死んで行ったその子たちの
ひとみがささやく
    あたしたちの一生は
    ずっと戦争の中だけだったのよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちひろさんは声高に戦争反対などとは言わない。だけれども、戦争で傷つき死んで行った子供と母の目から詩を紡いだ。
この詩ができたベトナム戦争の惨禍からさらにまた、別の戦争が次々と起きている。そして対岸の火事のように安穏としていた日本が今、自衛隊を戦火の渦中に送り出そうとしている。

赤いシクラメンの花がほころびるとき
その花びらのひとひらに、ほほえみがこぼれるような、そんなひとときがいつの世にもあることを祈らないではいられない。

ちひろさんの絵は、背景を描かず余白がとても多くとられている。
それは見る者の心にそれぞれの考えを喚起する余白。
ちひろさんの沈黙の余情。

この「ちひろの詩」は、ちひろさんのうつくしくやさしいもの、素朴だけれど大切なものたちで溢れている絵と詩の本です。
この本を読んだ後、ちひろさんの余白、沈黙の余情に、あなたの心を投影してみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む