サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ピンカートン探偵社の謎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ピンカートン探偵社の謎(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 中央公論社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-203142-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ピンカートン探偵社の謎 (中公文庫)

著者 久田 俊夫 (著)

ピンカートン探偵社の謎 (中公文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

サイバーパンクのようなアメリカの過去

2001/03/28 13:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大資本への経済力の集中と労働者の腐敗。公警察の能力はつねに不足しており、広域警察力は皆無。そんな中、一般市民は銃器以外にみずからとその財産を守る手だてを持てず、資本家たちは収奪をより強めるために私警察を利用して利権の保護に邁進するが……とか書いてあると、サイバーパンクみたいですよね。でも、違います。これは19世紀後半のアメリカ合衆国の実相なのです。

 ミステリファンならピンカートン探偵社の名前くらいは聞いたことがあると思います。実名ででてくる小説もありますし、ピンカートン出身の人間の小説家(ダシール・ハメットとか)も居ますから。
 この本では、その有名なわりに内実についてあまり知られていないピンカートン探偵社の歴史と捜査活動の実態について、年代を追って記述してあります。著者がどうもマルクス的史観にそまっているらしく、資本家と労働者の対立構造にすべて還元しがちなところが鼻につきますが、そのあたりは自分なりに解釈しなおすといいかと思います。
 私立探偵が必要になった世相から説き起こし、おとり捜査による偽金づくりの逮捕活動より始まった活動が、郵便配達人による郵便物の盗難や鉄道の車掌による運賃の横領などを暴く労働スパイ(雇い主の依頼で労働者をスパイする)として躍進、南北戦争での戦争スパイとリンカーンの暗殺を阻止するなどの栄光と、スト破りなどの活動の中での世論から抑圧者の象徴とかしていった過程、銀行強盗や列車強盗の予防活動、そして巨大化して網羅的に情報を集積・整理することにより地域警察とは比較にならない犯罪捜査力を得た探偵社が、FBIのシステムの模範となって、最終的に私警察が消滅するまでの過程。
 これらの、影の仕事を遂行していった、システム化されたスパイ産業の実態は、非常に興味深いものがあります。

 しかし……国家権力の無力化や企業警察というサイバーパンク的な概念は、実はアメリカ人にとっては過去の事実……もしくは過去の悪夢であり、我々日本人の考えるよりもずっと自然にでてくる考え方なのかも知れませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む