サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1998/06/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263835-5
文庫

紙の本

暗闇の囁き (講談社文庫)

著者 綾辻 行人 (著)

謎めいて美しい兄弟を取り巻く死。長編推理女性家庭教師が黒髪を、従兄とその母は眼と爪を奪われて死んだ……黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪...

もっと見る

暗闇の囁き (講談社文庫)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

謎めいて美しい兄弟を取り巻く死。長編推理
女性家庭教師が黒髪を、従兄とその母は眼と爪を奪われて死んだ……

黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪われて死んだ。謎めいたほどに美しい兄弟のまわりに次々と起こる奇怪な死。遠い記憶の闇のなかから湧き上がってくる“囁き”が呼び醒ますものは何か。『緋色の囁き』に続く異色の長編推理“囁き”シリーズ第2弾、講談社文庫に登場!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

2時間ドラマのような展開

2019/01/20 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく読みやすくて、スピード感のあるライトな展開で、2時間ドラマを見てるようでした。都会からちょっと隔てられた山奥の洋館で、と言えばミステリー好きにはおそらくたまらない設定。本作もその設定の下、起きる事件ですが、ただ綾辻作品に慣れている人は、おそらく途中から結論は見えてくると思います。その意味では意外性には欠ける一方、後半の伏線の回収は流石です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗闇からの囁きは誰のもの?

2001/10/16 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIRA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 髪を切られ、森で死んでいた家庭教師。 
    (ヒトツハ ユキオンナノクロカミ、ヲ)

 眼球が無い湖に浮かんだ従兄の死体。
    (ヒトツハ ヒトオオカミノメダマ、ヲ)

 バルコニーから落ちて死んだ、爪の無い叔母の躯。
    (ヒトツハ マジョノツメ、ヲ)

 綺麗だけれど、どこか違和感のある兄弟、実矢と麻堵。二人が遊んでいるという謎の少年、「あっちゃん」。彼らのまわりで次々と起こる、怪奇な事件。

 一年前に起こった、謎の猟奇殺人との関係は…。

 暗闇からの囁きは誰のもの?


 「緋色の囁き」に続く、囁きシリーズ第2弾。シリーズとしては2冊目だが、話は独立しているので、これだけでも十分楽しめる。

 章の所々に散らされている、兄弟の「あっちゃん」との会話が、効果的に使われている。徐々に物語へと惹きこまれていく。

 クライマックスに近づくにつれて、真実が見えてきてしまうが、最後は、予想していない終わり方。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗闇の囁き

2001/09/21 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「囁き」シリーズ2作目。謎の館、怪しい住人たち、二人の美少年、そこへ来た一人の青年……そして事件が起こる。
 真相はなんとなく見当がついてしまうし、偶然の要素が強すぎる気がして、ミステリーとしては「緋色の囁き」「黄昏の囁き」の二作には多少劣るかもしれない。しかし作者が好んでよく使う「子供」というテーマに一番鋭く迫った作品。ホラー的要素がこのシリーズ中もっとも濃い作品でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/09 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/02 02:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/02 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/15 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/11 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/27 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/14 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/30 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。