サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/27

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 早稲田大学出版部
  • サイズ:21cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-657-98526-4
  • 国内送料無料

紙の本

スペインの社会 変容する文化と伝統 (Waseda libri mundi)

著者 寿里 順平 (編),原 輝史 (編)

伝統的価値観は崩壊したが、「友人至上主義」は根強く残る。民主主義が定着して当たり前のヨーロッパに近づいたスペインの現実を、住まいと風土、多言語国家、ガウディなど多角的に探...

もっと見る

スペインの社会 変容する文化と伝統 (Waseda libri mundi)

税込 3,190 29pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伝統的価値観は崩壊したが、「友人至上主義」は根強く残る。民主主義が定着して当たり前のヨーロッパに近づいたスペインの現実を、住まいと風土、多言語国家、ガウディなど多角的に探る。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

スペインを定点観測する 寿里順平 著 13-18
価値観の変容 野々山真輝帆 著 19-43
住まいと風土 入江正之 著 44-68

著者紹介

寿里 順平

略歴
〈寿里〉1936年生まれ。早稲田大学法学部教授。著書に「カリブの国々」など。
〈原〉1943年生まれ。早稲田大学商学部教授。著書に「フランス資本主義」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

掲載情報が古くなりつつあるかもしれないが、類書に見られないテーマは評価できる

2005/01/14 09:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

スペイン現代事情を概観する書で、出版は98年5月です。

 2章4項「ラテンアメリカとスペイン」、スペインと中南米でのtuとUstedの用いられる範囲に違いがあり、スペイン人の気安さが中南米ではぞんざいと受け取られる点は社会言語学的に大変面白いところです。この章を執筆している野々山真輝帆氏はこれまでもスペインの文化や社会を平易な言葉で紹介してきた実績のある人物だけに、その文章のわかりやすさには好感が持てます。

 4章「多言語国家と言語の共存」はスペイン言語学学会会長を務める、この分野ではスペインを代表する人物が執筆しています。ですが、和訳があまりにも読みにくくて大変残念です。
 

 6章「映画からみたスペイン社会」ではフランコ政権下の検閲制度や外国映画への対抗措置などについて興味深く読みました。スペイン語への吹き替え制度が国民の理解を助けるためというよりは、保守的価値観にそぐわない台詞を密かに削除する手段として用いられていた点などは、言論統制の巧みさと空恐ろしさを感じないではいられません。

 アルモドーバルの映画の表題「Que’ he hecho yo para merecer esto?」を「何でこんな目にあうの?」と和訳していますが、本書出版時には「グロリアの憂鬱」という題名で日本ではビデオ販売されていましたから、その邦題で表記したほうが良かったのではないでしょうか。

 8章「歴史からみたスペイン社会の特質」ではフェリーペ2世をフィリップス2世(180頁)、カール・マルテルをチャールズ・マルテル(187頁)と英語風に記述している点が納得できませんが、イスラム影響下のイベリア半島の様子を限られた紙幅の中で簡潔に記述して点は大いに参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。