サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時のかけらたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.6
  • 出版社: 青土社
  • サイズ:20cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7917-5646-0
  • 国内送料無料

紙の本

時のかけらたち

著者 須賀 敦子 (著)

かけがえのない邂逅を重ねたイタリアそしてヨーロッパとは何だったのか…。遠い石造りの街で出会った人々の思い出に寄り添いながら、ヨーロッパ精神の真髄を描く、著者最後のエッセイ...

もっと見る

時のかけらたち

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かけがえのない邂逅を重ねたイタリアそしてヨーロッパとは何だったのか…。遠い石造りの街で出会った人々の思い出に寄り添いながら、ヨーロッパ精神の真髄を描く、著者最後のエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

須賀 敦子

略歴
〈須賀敦子〉1929年兵庫県生まれ。聖心女子大学文学部外国語外国文学科卒業。上智大学比較文化学部教授。著書に「ユルスナールの靴」「トリエステの坂道」など。98年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

須賀敦子の愛したイタリアの原点

2001/06/11 14:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田島安江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

須賀敦子の描くイタリアは他の誰とも違っていた。「ヴェネツィアの悲しみ」もまた私には思いがけない物語だった。たとえば、女がウソをついたといって本気で腹を立てるヴェネツィア男なんていないらしい。ということは、女が本当の事をいってもウソだと思われるのかも知れないなあなどと思うのだが。また、島であるヴェネツィアが16世紀に「夢の部分と蔭の部分に別れた」という表現にははっとさせられた。こんな表現もあるのかと。そしてそれこそが「ヴェネツィアの悲しみ」でもあったのだ。須賀敦子という人の表現力の素晴らしさを今さらながらに感じた。
読んでいて思わず立ち止まってしまったのは「舗石を敷いた道」だ。人はある日、忘れてしまった光景を突然思い出すことがある。その時に出会った人のことなど少しも思い出せないのに、なぜかひと握りの光景だけが妙にリアルに思い出されるといったような。敦子にとっての白い舗石はイタリアで暮らした日々の思い出のかけらそのものであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/04 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る