サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. ナンシー・クラークのスポーツ栄養ガイドブック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナンシー・クラークのスポーツ栄養ガイドブック
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 女子栄養大学出版部
  • サイズ:21cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7895-5121-0
  • 国内送料無料

紙の本

ナンシー・クラークのスポーツ栄養ガイドブック

著者 ナンシー・クラーク (著),辻 秀一 (訳),橋本 玲子 (訳)

栄養は、私たちの健康を運動とともに支える重要な要素。毎日繰り返していながら気にすることもない「食べる」という行為の意義や正しい食べ方、身体と食べ物の関係などについて科学的...

もっと見る

ナンシー・クラークのスポーツ栄養ガイドブック

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

栄養は、私たちの健康を運動とともに支える重要な要素。毎日繰り返していながら気にすることもない「食べる」という行為の意義や正しい食べ方、身体と食べ物の関係などについて科学的データとともに解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ナンシー・クラーク

略歴
〈クラーク〉ボストン大学栄養学修士課程修了。「ブルックライン・スポーツクリニック」の栄養部部長。栄養に関する多くのコラムを執筆し、講演活動も行なっている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生を楽しむ人

2005/11/25 20:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜八 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者のナンシー・クラークさんはアメリカ合州国における「Registered dietitian」である。略称「R.D.」。「dietitian」は日本語に翻訳するなら「栄養士」が近い。「ダイエットの専門家」ではちょっと違うと思う。
 「Registered」はちょっと翻訳しにくいけれど、「Registered nurse」が「正看護婦」となることから判断すると、「dietitian」は「正栄養士」と表現するのが妥当かもしれない。
 ボストンの有名なスポーツ専門病院で栄養部長として勤務し、多くのアスリート(プロ選手・オリンピック出場選手・一般のスポーツ愛好家を含む)をクライアントに持つ。精力的にスポーツ・栄養関係の各種雑誌に寄稿。近年はインターネットでの執筆活動も盛んに行なっている。
 『スポーツ栄養ガイドブック (原題:Nancy Clark’s Sports Nutrition Guidebook)』は、初版(1989)、第2版(1996)、第3版(2003)と版を重ね、通算35万部のベストセラーである。ここで紹介するのは第2版の邦訳。ちなみに原書の第3版は今年の8月に出たばかりだ。
 ダイエッティシャン(dietitian)だからといって、いわゆる「ダイエット」を勧めるわけではない。正しい栄養はスーパーに行くことから始まるとし、健康的な食べ方を身につけるの重要性を説く。
 本書では、炭水化物(糖質)の重要性がたびたび強調される。炭水化物はグリコーゲンとなって筋肉中に蓄えられ、運動中のエネルギー源になるからである。そのためウエイトトレーニーにとってもランナーにとってもきわめて重要な栄養素となる。
 つまるところ運動することと食べることは人間にとってどのような意味をもつのだろうか?
 ナンシー・クラークさんは普段の生活においては自転車で通勤し、ときにはアメリカ大陸横断などの自転車競技に参加する。マラソン大会(フルマラソンを含む)に出場したり、ヒマラヤ・トレッキングに赴いたりもする。そこに見出せるのは LIFE(生活・人生・生命)を楽しむ人の姿だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スポーツ医学・理論 ランキング

スポーツ医学・理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む