サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文明の衝突
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.6
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/554p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-773292-4
  • 国内送料無料

紙の本

文明の衝突

著者 サミュエル・ハンチントン (著),鈴木 主税 (訳)

冷戦後の新たな国際紛争は「文明による衝突」だ。21世紀の国際情勢を大胆に予測。アメリカ文明と中国文明の対立の中で、孤立する日本の未来を考える刺激的な書。【「TRC MAR...

もっと見る

文明の衝突

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

冷戦後の新たな国際紛争は「文明による衝突」だ。21世紀の国際情勢を大胆に予測。アメリカ文明と中国文明の対立の中で、孤立する日本の未来を考える刺激的な書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

サミュエル・ハンチントン

略歴
〈サミュエル・ハンチントン〉1927年ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学政治学教授。同大学ジョン・オリン戦略研究所ディレクター。アメリカを代表する戦略論の専門家。著書に「第三の波」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

西欧人には、どうしてショッキングだったのか?

2007/03/21 17:39

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書も、出版当時からずーっと読みたかった一冊で、このたび、読了しました。
 衝撃的なタイトルですが、”世界史好き”の私にとっては、
そんなの当たり前。
 世界史上で逆に問いたい位、過去、文明の衝突が無かったことがあるのかと?
 で、どうしてこの本が、衝撃を持って(取り分け西洋社会に)受け入れられたのかと
読みながらずーっと考えていたのですが、
(実は、この本が出たのは90年代の後期で現在とのタイム・ラグは、多少あるのですが)
 歴史的に洗練されず、野蛮だった頃、文明の衝突があったのは、当たり前
しかし、時代が進むことにより、人権等の理性の発達でもうそんな文明の衝突なんて言う
プリミティブな争いは、もう起こらないだろうと人類全体をはじめ
取り分け西欧人(意図的にこの言葉使っています)は思っていたみたいです。
 現に、冷戦期は、国家の上のうえにイデオロギーという大きな枠組みで枷がかかっていた状態で、
文明の衝突は、収まったかのように見えていました。
 しかし、90年代における、ソビエトの崩壊で冷戦という枠組みが取り払われた
瞬間から国家を文明の名のもとにカテゴライズし並べなおした上での争いというか、
衝突が顕著になってきました。
 文明の衝突なんて、克服したのに、なんで??と、いうのが一つの
衝撃。
 もう一個は、これは、西欧人に多い考え方なのかもしれませんが、
先ほどの、理性が発達して、、歴史が進み、人類が、プリミティブなものから
進歩していくことこれを、グローバリゼーションと呼んでもいいのですが、
このことイコール西欧化だと、若しくは、西欧的な価値観を全ての民族、人種
が受け入れるてくれことだと、いう考えが西欧人にはあったみたいなのです。
 ところが、、
非西欧で、経済的に発展したり、人口が多くなったりで、非西欧が力をつけ
発言力が大きくなりその非西欧の考えが、西欧人に伝わるに従い、
どうやら、西欧人は、彼ら(非西欧人)は、彼らの、論理で動くようで
永久に我々と同質にはならないと、理解したみたいなのです。
これが、第二の衝撃。
 で、これらの出来事が、90年代以降、顕著になっているでしょと、
本書の中の膨大なページ数を裂いて国際政治の最前線の分析として描かれています。
 私は、あいださんの、基本的にみんなちがってそれでいい。という考え方で
あるべきだ、と思っているのですが。
 これだけ、国際政治上の争いを事細かに上げられると
やっぱりそうなのかなぁと、思ってしまいますね。

 最近のSFの設定でも、人類が、国家という割と大きな共同体を維持することは、
もうなくなっているけれど、
 宗教、民族、人種、経済共同体、同じ企業連合、etcなんかの
価値観、考え方、感受性、または利益、
を共有できる小さな共同体は、残っているという設定をよく目にします。
これが、今一番リアルな人類の近未来の人類が作る人間間の共同体の暮らし方なのかも、
しれません。

 本書でも、どうして人類が、アイデンティティというものを確立して
上記の価値観の似通ったものどうしの小さな共同体を作るのか言及している
ところがあるのですが、
 人間というものは、アイデンティティを確立する上で自分がどうこうというより、
周りを見て、彼らがどうこう彼らをみて自分を確立することしか出来ないそうです。
 これが、我々と彼ら、。彼らとの差という考えを生み出していく、要素になっていくのだそうです。
こうなると、人間の認識学までつっこんだ話しになっていきそうです。
 人間というものの、度し難さを理解するうえでの一冊かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/05 17:24

投稿元:ブクログ

日本の未来は政治家ではなく、私達の双肩にかかっている!生めよ増やせよ日本国民。日本国内だけで競争社会とかいってられない!世界を相手に日本はどう生き延びるのか!?読後感は
「恐怖」です。

2005/06/09 14:35

投稿元:ブクログ

「日本はアジアの嫌われ者である」この自明の理とも言える説を、圧倒的なスケールで展開。
WASP(要はアメリカの白人社会。WhiteAngroSaxonProtestant)の世界を忌み嫌う方は引っかかるものがあるかも。

2005/08/15 02:17

投稿元:ブクログ

これは「朝まで生テレビ」などを見るには必読の書。これを読まないで「文明の衝突」という言葉を使う人がいるが、本当に意味が分かっているのか?と思う。この本自体は少し抽象的な感じも受けるので星四つです。

2009/01/29 23:41

投稿元:ブクログ

最後の物語のようなところを8年くらい読まずにいて、
長らく放置していたのをようやく読んで、読み終わり。

現実に、文明のフォルトラインで衝突が起こってはいるけど、
文明圏が共通だからって、それで共通の行動を取るとは限らないし、
この括り方が妥当なのかというのは、うーんって感じもなくはない。

ただ、文明は、その国の在りようと振る舞いを規定する
要素の一つであろうとは思う。

もっとも、文明という言葉を使って規定してしまう以上、
文明は何かという曖昧さが付きまとうことは否めず、
上手く言葉を遊べば、文明という言葉は、
宗教や帰属民族、イデオロギー、政治体制、
歴史からの影響、経てきた変遷とかを含む
広く、極端に言えば何でも包括できる言葉であり概念であるから、
ちょっとズルいっちゃあズルい気もしなくもない。

で、そんな長らく読まずに放置してしまっていた
最後の物語的未来予想については、
予想というか、想像というか、その域を超えて、妄想的で、
それはないなと思ったというのが、正直な感想でした。

日本は、歴史的に、常に強いところに付くという分析は面白くて、
一つの意味においては正しいと思うけど、
正確には、日本は、日本が最大限有利に動け、
日本の力を最大限発揮できるところを
選択してきたということではないかと思う。
結果、たまには負けてるけど、それが強者であったというだけで。

面白いし、行動範囲が格段に広がっていて、
情報の即時性、共有化のための技術進歩、
文化、宗教、歴史に対する固執性が高まっている現在において、
文明を一つの分析ツールとしたことによって、
現代の世界を分かりやすくしたということは、とても素晴らしいと思うけど、
分かりやすくしているがために、
だからこうなると思い込まされかねない部分もあるので、
批判的に、主体的に、思慮深く読むのがいい本だと思う。

2009年1月読了。

2007/01/06 22:29

投稿元:ブクログ

すごいですよねー。現在の世界情勢を、10年前からもうぴたりと言い当ててますよ。  名作(?)です。 ずっと読みたかった本。やっと読みました。

2008/04/25 18:13

投稿元:ブクログ

 まあ、こういう本でしょう。しかし、フォルトライン戦争を避けたければ、放置しろ。他文明地域の紛争に介入するなという論理は、ソマリアで痛手を負った後のクリントン政権等には良い指摘かもしれないが、じゃあ、結局は世界の紛争や問題はなくならないし、改善出来ないでしょという話。まあ、それでもいいのかもね。ハンチントンをどう捉えるかは難しいが、フクヤマがネオコンだとすればある意味でアメリカの保守論壇の典型かもね。負担になる介入はする必要がない。イデオロギー的な矛盾や二枚舌だろうが国益の確保が重要だ、的な。

2008/06/15 18:31

投稿元:ブクログ

世界の『文明』による国際情勢。全てが当たっている訳ではないが、その洞察力には思わず唸ってしまう。ただし、「日本はアジアの嫌われ者」これは世界対象のアンケートでも完全に逆の結果が出ているので否定したい。

2007/02/18 01:06

投稿元:ブクログ

今思うと、日本の孤立という結論はちょっと違うような気がします。
でも、現代社会を読み解く上では基本の一冊。
9・11の前に書かれた?のが凄い。

2007/03/18 14:44

投稿元:ブクログ

著者の先見性に驚かされる(と言っていいだろう)。本書の構図に賛成するにせよ反対するにせよ拒否するにせよ、一度は読んでおいていいのではなかろうか。

2008/12/11 02:29

投稿元:ブクログ

最近の国際情勢(911以降)とは違った頃に書かれた本だが、現在に至る大まかの流れを言い当てている。

世界の対立を、経済やイデオロギー、地域ではなく根源的に文明の相違に帰属して書かれている。
アメリカ人が書いた本だけど、米国至上主義という観点ではなく客観的に全ての文明を捉えているので読んでいて不快感を感じない。

500ページあったけど文章がとても読みやすかったのですぐ読み終えてしまった。

2009/11/09 03:11

投稿元:ブクログ

(約2年前に読了)

その長さに値するくらい読み応えのある本でした。

冷戦終結後の混乱する国際社会において、ハンチントンが提示した「文明によって規定される世界」というパラダイムを否定し代替しうるパラダイムはいまだ出されていません。
それは彼の主張が非常に的を得ているからです。

西欧文明の普遍性の否定は西欧人にとってはとてもショックだったらしいけれども、日本人が読んだら意外と普通というか、自然に頭に入ってくる内容でした。

以下思ったことを適当に
・世界政治を考える上で地政学的思考はどうしても必要な気がする
・一文明圏として日本をとらえた時、日本は他に比べて良くも悪くも特徴的な点が多く、それを踏まえた上で外交戦略を考えてみたい
・文明の衝突は結局、養老孟司のいう「バカの壁」の衝突ではないか?
・9.11はこの本において予言されていた…?

かなり長いが、それは例となる事象を細かく分析しているからであって、説得力の強さが表れています。

国際政治を学ぶ上での必読の入門書と言えます。

2010/04/22 15:11

投稿元:ブクログ

前学期の基礎演習で教材として読みました。
難しかった。なかなかページをめくれなかった。
もっと勉強しようと思います。

2009/12/16 23:47

投稿元:ブクログ

今現在の世界情勢を結構な割合で言い当てている点におどろいた。日本はこれからアメリカと手を切り、中国の側に寄って行くというのは、現在の状況下ではかなり現実味を帯びているといえる。

2010/01/02 21:16

投稿元:ブクログ

多極化する国際社会の形成理由やその後の展望を見事に論じた書籍。米ソ冷戦の終結や自国の経済的発展がナショナリズムを喚起するという論考は殊に興味深い。

外交・国際関係 ランキング

外交・国際関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む