サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. そうべえまっくろけのけ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そうべえまっくろけのけ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:26×26cm/40p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-494-01236-X
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

そうべえまっくろけのけ (童心社の絵本)

著者 田島 征彦 (作)

ちょいとあんた、大きなお仕事でっせ、空の上の偉いお方を慰めるのやて。そうか、面白そうやな…と、空へやってきた軽業師のそうべえ。ちくあん先生たちと星の世界でも大暴れ。おなじ...

もっと見る

そうべえまっくろけのけ (童心社の絵本)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

そうべえ とざい とーざい 5巻セット

  • 税込価格:7,99274pt
  • 発送可能日:1~3日

じごくのそうべえ一世一代 4冊セット 4巻セット

  • 税込価格:6,37259pt
  • 発送可能日:購入できません

じごくのそうべえ一世一代 4巻セット

  • 税込価格:6,37259pt
  • 発送可能日:1~3日

童心社の絵本 13巻セット

  • 税込価格:20,844193pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちょいとあんた、大きなお仕事でっせ、空の上の偉いお方を慰めるのやて。そうか、面白そうやな…と、空へやってきた軽業師のそうべえ。ちくあん先生たちと星の世界でも大暴れ。おなじみのそうべえシリーズ最新作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田島 征彦

略歴
〈田島征彦〉1940年大阪府生まれ。京都市立美術大学染織図案科修了。型絵染、絵本等に活躍。主な作品に「じごくのそうべえ」「てんにのぼったなまず」「みみずのかんたろう」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

まっくろけのけ

2001/11/12 01:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:☆★ブービー☆★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 じごくのそうべえなどそうべえシリーズを見ている人は、最後の締めとしてまっくろけのけを読んでください。そうべいシリーズは言葉だけでなく、絵がすごく刺激を受ける絵なので、そこに注目してみるとおもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供心の「怖いもの見たさ」に大アピール

2004/08/04 02:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 親戚の女の子(関西在住・小学校1年生)に妹が誕生した。出産祝いと一緒に「お姉さんになっておめでとう」プレゼントをしようと思ってリクエストを訊いたら、「そうべえシリーズ」のどれかがいい、という。『じごくのそうべえ』、『そうべえごくらくへゆく』、『そうべえまっくろけのけ』の3部作のことらしいと判ったのだが選ぶに選べない。結局3冊贈ることにした。表紙も赤・黄・青と揃っているのでセットにするとまとまりがいいし。

 そしてご当人が一番気に入ったのが本書だそうである。上方落語をモティーフにし、インパクトがあって大評判の『じごく』でも続編の『ごくらく』でもなく、3部作の中ではちょっと毛色の変わった本書。どうも子供心にタイトルの「まっくろ」という語感に惹かれるものがあるらしい。そういえばこの子、ラスカル&エリオットの『まっくろヒヨコ』が大のお気に入りだったっけ。

 じごくとごくらくへ行って帰って来たそうべえたちが今回乗り込むのはなんと宇宙。お月様の具合が悪いと迎えに来た月のうさぎに案内され、ヤブ医者のちくあん先生やインチキ山伏のふっかいと一緒に大きな豆のつるを伝って…。ところがお月様のところへ行ってみると、星座たちは大喧嘩しているし暗黒星雲は大暴れ。お月様の不調はその騒ぎから来るノイローゼ(!)だったのだ。

 前2作同様、軽快な関西弁のやりとりが楽しい。ネイティヴ関西弁は使えない筆者が読んでもなかなかテンポがいいのだから、関西在住の人間にはたまらないノリかもしれない。絶対に音読、それも感情表現を多少大袈裟なくらいに演出する読み聞かせがイイ。
 純和風だった前2作とはちょっとテイストが異なり、星占いに出てくるような星座たちとか、ちょっとSF的な暗黒星雲とかが登場するところも面白い。とはいえそういう異色キャラクターたちもちゃんと「そうべえ」風の味付けで、お月様とうさぎなんか関西弁でしゃべったりしている。ホンマかいな? と突っ込みたくなるところだけれど、この絵柄でドーンとお月様が描いてあるのを見ると、そういうこともあるかもね、などと不思議と納得してしまうのだ。
 暗くて広い宇宙空間に浮かんだおしゃべり文には、誰のセリフか判るように顔マークが付いているのも面白い。読み聞かせをする時には大変便利な工夫だと思った。

 さて、事件を無事(?)解決して、そうべえたちがどうやって地上へ戻るか。えーっと驚いてしまうような仕掛けが最後に待っている。不気味だったり怖かったりちょっとビロウだったりするお話が大好きな子供たちには、こういうところも魅力なのだろう。ユーモア際どくもお下品になっていないあたりは見事である。
 親子でわいわいと読めるオススメ絵本。楽しゅおまっせ〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/23 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/12 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/01 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/13 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/19 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む