サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死の病原体プリオン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-0832-4
  • 国内送料無料

紙の本

死の病原体プリオン

著者 リチャード・ローズ (著),桃井 健司 (訳),網屋 慎哉 (訳)

致死率100%の狂牛病、クロイフェルト=ヤコブ病を引き起こす病原体。たった一片で脳をスポンジ化し、放射線も高熱も生き延び、遺伝子もないのに進化するこの病原体の正体は? 生...

もっと見る

死の病原体プリオン

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

致死率100%の狂牛病、クロイフェルト=ヤコブ病を引き起こす病原体。たった一片で脳をスポンジ化し、放射線も高熱も生き延び、遺伝子もないのに進化するこの病原体の正体は? 生命の概念そのものを覆す戦慄の事実。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

リチャード・ローズ

略歴
〈ローズ〉1937年米国カンザス・シティ生まれ。イェール大学卒業。ピュリッツァー賞、米図書賞などを受賞しているジャーナリスト。著書に「原子爆弾の誕生」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

生物学のそれまでの常識を覆した病原体プリオンについての研究を追う

2001/05/20 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:福田 健吾 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 感染症の背後に細菌が隠れていることが分かった後、病気の原因は全て細菌であると考えられた時代がある。例えば野口英世は黄熱の原因として細菌を追い求めた。が、黄熱やインフルエンザにおいては細菌は遂に発見されず、当初は予想だに出来なかった細菌よりもはるかに微小な病原体・ウイルスが原因であることがやがてはっきりした。
 「病気の原因は細菌とウイルスがある。」理解は変わり、病原体が引き起こす現象についても理解が進んできた。病原体の持つ遺伝情報こそが病気の原因である、と誰もが思った。

 ところが、まだ全ての病原体を記述できていたわけではなかった。

 パプワニューギニアに暮らすフォア族に見られたクールー、100万人に1人自然発生するクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)、一時話題になった狂牛病等の研究の結果、意外な事実が明らかになっていった。

 「動物の脳内で増殖し、脳を破壊して宿主を死に至らしめる病気の原因は、プリオンと呼ばれるたんぱく質である」とそれまでの生物学に対する理解を根底から覆す説が唱えられたのである。

 本書はクールーやCJDの研究成果を丁寧に追い、プリオン説が唱えられるまでの経過を記す。プリオン説の巻き起こした衝撃が門外漢にも伝わってくる。この分野ではガイデュシュック(1976年)、プルシナー(1997年)と二人のノーベル賞受賞者を出している。ここにも科学界の受けた衝撃が現れていると思う。

 センセーショナルな話題ばかりが先行した狂牛病について知るにも絶好の書。なぜ騒がれるのか、狂牛病が人間に感染する可能性なども実に分かりやすく解説してくれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/11/05

2001/11/08 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物が動物を食らう食肉行為によって感染し、脳がスポンジと化す。そうした奇病を引き起こす病原体プリオンは、放射線照射も、360度の高温をも生き延びる。
 この本は、狂牛病の症状から病原体の正体までをリポートしたものだ。著者はピュリツァー賞も受賞したノンフィクション作家。英国を中心とした精力的な取材で、日本にも騒ぎが飛び火した狂牛病の恐ろしさを克明に描く。
 特に、実際の患者が発病から死に至る様子の描写は凄惨を極める。幻覚が続き、足取りがおかしくなり、最後は物を食べることもできずゆっくりと死に至る。日本でも今、牛肉の消費が急速に落ち込んでいるが、これを読めばさらなる不安の連鎖を引き起こしかねないほどだ。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/25 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/23 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む