サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カラフル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 547件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 理論社
  • サイズ:19cm/275p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-652-07163-9
  • 国内送料無料

紙の本

カラフル

著者 森 絵都 (作)

【産経児童出版文化賞(第46回)】いいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」 ありがたくも、他人の体にホームステイす...

もっと見る

カラフル

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【産経児童出版文化賞(第46回)】いいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」 ありがたくも、他人の体にホームステイすることになるという。ぐっとくる、ハートウォーミング・コメディ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 絵都

略歴
〈森絵都〉1968年東京都生まれ。日本児童教育専門学校を卒業後、シナリオライターの仕事をはじめる。90年講談社児童文学新人賞受賞作「リズム」でデビュー。著書に「宇宙のみなしご」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー547件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

絶対オススメ

2000/07/12 14:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nao - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近まで、書店で児童書の担当をしていたわたしですが、お客様に「小学校高学年から中学生くらい向けで、何かお薦めの本、ありますか?」ときかれたら、まずこの本を紹介していました。

 この本の良いところは、読者を選ばないところにもあると思います。本好きの子はもちろんですが、普段本なんか読まない子でも(もちろん大人も)すんなり読めてしまう内容だと思います。「一気に読めちゃうけど、でも心に引っかかる」そんな素敵な本です。

 個人的には、同じ著者の「月のふね」の方が好きなんですがこちらは万人にお勧めではないかもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだやりなおすには遅くはないのかも

2000/07/13 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shaka - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「おめでとうどざいます。抽選に当たりました!」

 そう言って僕の目の前に現れたのは、見ず知らずの天使だった。どうやら僕は前世での行いが悪かったため、魂の輪廻のサイクルから外されてしまうところだったらしい。しかし、良く分からない抽選でもう一度チャンスを与えられた。
 これから下界で他人の体に乗り移り、その人として暮らす。そして一年以内に自らの前世の過ちを思い出すことが出来たら晴れて輪廻のサイクルに戻れる、とそういうことらしい。

 「このように一時期他人のからだの乗り移ることをホームステイと言います」

 天使はとぼけた顔でそう言った。
 そうして僕のホームステイ先となった体は中学三年生の小林真。彼は内向的で(ハッキリ言ってネクラ)、背が低く、いじめられっこだった。そんな彼はとある理由から自殺未遂(未遂じゃなく死んだんだけど)していた。その体に僕が乗り移ったというわけだ。
 想像以上に荒んだ真の周りの環境。家庭、学校、友人全てに見放された真(僕)はとりあえず生きていくことになるのだが…。


 中学生という多感な年頃に訪れる、平凡で非凡な生活。真である「僕」は、その生活に嫌気がさしながらも生きていかねばならない。そして、少しづつ、少しづつだが変っていく真とその環境。些細なことなのだが、それが妙に心を打つ。
 誰にとっても遠くて近い出来事。決して経験したわけじゃないが懐かしくなる出来事。どこかでであったような人達。そうした生活の全て、当たり前に見えていたものが当たり前のものとして認識できることの大切さ。
 簡単なことだから気づかない。だからこそ気づいたときには大切なもの。
 生きていくってことは簡単だから難しいのかもしれない。

 フォントは大き目で、平仮名が目立つ。なんだかそれが逆に新鮮でいい気持ちにさせてくれる。大人になってしまったような気がしていた自分が、まだ遅くないんじゃないかと思えるそんな素敵な一冊だった。
 簡単に、シンプルに、そして平凡に生きていくことに不安になったあなたに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動する本に出会えない、と思っている方へ

2000/07/18 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akane - この投稿者のレビュー一覧を見る

思春期から遠ざかるにつれて、あんまり感動する本に出会えない。

本の選び方が悪いのか、感性が鈍ってしまったのか、たぶん後者のような気がする、と不安になっていたこのごろ、ひさびさに鳥肌がたつくらい感動した。

ものの見方はひとつじゃない。
今自分に見えてるものがすべてでもない。
せかいはとってもカラフルで、きれいな色やきたない色であふれている。

その世界での、ほんとに短い人生なんだから、ホームステイするつもりで自由にやってみよう、と素直に思えます。

ほのぼの、でもとても勇気づけられる、素敵な本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

7月17日今日のおすすめ

2000/11/14 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文学賞と言えば、芥川・直木両賞が有名だが、児童文学を対象とした野間児童文芸賞、路傍の石文学賞、椋鳩十賞児童文学賞などの存在を皆さんはご存知だろうか?

現在の児童書売上の低迷、特に児童文学におけるそれは凄まじいもので、これは児童文学賞の一般知名度にも影響を及ぼしている。その結果、児童文学賞は更にマイナー、というよりマニアックなものに現状位置していると言える。それ以前に、そもそも「児童文学」という言葉自体マニアックな響きになっている昨今だったりする。

 その児童文学界のトップランナー代表格の森絵都は、上記の賞を含め数々の児童文学賞を受賞している作家で、デビュー作(『リズム』(1991年 講談社))の時点で既に2つの賞(講談社児童文学新人賞、椋鳩十文学賞)を獲得している。これを一般文芸界で当てはめた場合どれになるかのはよくわからないが(一般文芸の文学賞自体乱立気味故)、相当彼女は児童文学界では注目作家なわけである。

 この作品は、14歳で自殺した少年の物語である。少年がどのような過程で自殺し、どのように再生していくかがテンポの良いサラサラとした文章で進んで行く。著者が書名『カラフル』に込めた意味は、普遍的なメッセージとして年齢層を問わずに伝わるものであろう。

 ちなみに『カラフル』は児童文学賞の類は受賞していないが、「本の雑誌」(編集長椎名誠 本の雑誌社)1998年のベスト10の第2位だった。

 大人の読者にも支持され、主人公と同じ年代の読者にも多く読まれている。これが現在のネオ児童文学のエッジである。まだ読まれていない‘本好き’は是非一読を。

(bk1児童書・絵本エディター馬場進矢)

--->森絵都新刊『ショート・トリップ』は児童
書・絵本サイトで紹介しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心を幸せにしてくれる本。

2001/02/23 01:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:叉葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の簡単なあらすじは、大きなあやまちを犯して死んでしまった「ぼく」は天使から突然「抽選に当たりました!」と言われ、前世の記憶もないまま他人の体を借りて下界に舞い戻らなくてはならないと言われます。もちろん辞退は出来ません。犯してしまったあやまちの度合いによって、借りる他人の環境も変ってきます。「ぼく」は「小林真」という中学3年生の自殺した少年の体を借りて下界で生活し始めます。そして、「小林真」を通して、家族や学校の友達、受験など、いろいろな事を体験するのです。
 作者は「小林真」の中学3年生という微妙な年齢と内向的な性格、家族の「真」への態度や想い、学校生活や受験など、私達にとっても、とても身近と思えるものを題材にして、「ぼく」の感情の移り変わりをわかりやすく伝えてきます。また、天使を「プラプラ」という名前で、とてもユニークなキャラに仕立て、「ぼく」のガイドをするというのも、とても話に入りやすくしていると思います。
 「ぼく」はまったく記憶のない状態で「小林真」の体に入ります。つまりは無色なのです。突然生きる事を選択させられ、まったく何もない状態、無の状態から、生きる事に対して、どうしたいか、どうなりたいかという「ぼく」の感情を色で表現しようとしているように、私は本を読んで感じました。
 この本は、小学生や中学生も読みやすい本だと思います。子供の、思春期の感情がとてもわかりやすく描かれています。身近に感じるような題材を使っていたり、また天使の「プラプラ」や、他人の体を借りるという、ファンタジーな雰囲気もあったりするからです。また、一番読みやすい理由として考えられるのは、とても気の重くなるような話ではなく、始めのあらすじにも書いたように、「抽選にあたりました!」という表現からコメディーな感じを読者は受けるからだと思います。読み終わった後も、とてもあたたかくて満足出来ます。この本は年齢層に関係なく一度読んでみて欲しいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カラフルな世界で。

2001/11/17 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GAKU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは児童書にしておくのが本当に勿体無いくらい、立派で感動できる作品です。
 そして、私が生れて初めて、本を読んで泣いた作品です。

 自分を変える事は難しい。
 それなのに、この作品中では「死」という転換期を境としてホームステイで自分を変える事になります。
 色とりどりのカラフルな世界だからこそ自分を見失っていまうことがありますが、実はどれも本当の自分なんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑えるところも泣けるところもある。いい本!!

2001/12/28 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本大好き! ユーモアがあって、でも感動もする。変な天使の登場からぐんぐん話に引き込まれる。最後オチというか、結末が見えている部分を差し引いたとしても読む価値があると思う。
 私は母親が主人公に書いた手紙にすごく良く主婦の気持ちがでていると思った。人の気持ちを暗くなりすぎることなく、でもきちんと描いていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年再生物語

2002/02/02 19:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIRA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大きな罪を犯して死んだ「ぼく」が、最後のチャンスとして天使に与えられた課題は、自殺して死んだ「小林真」の身体を使っての下界生活だった。
 一見、平凡な普通の家族。けれど、人間を一色の色で表すことは出来ない。みんな色々な色を隠し持っている。汚い色も、美しい色も。親、兄弟、クラスメート、友人、初恋の人、そして小林真。複雑に絡み合う人間関係と、記憶をなくしている「ぼく」。カラフルなこの世界で、「ぼく」が見つけたものは?
 落ちこんでいる時に読むと、ほっとする話。頑張る力を与えてくれる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の色は輝いているんだろうか

2002/03/06 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テンポよくすらすらっと読めるのは、主人公の性格が本当軽いから。だってそりゃ自分じゃない体を動かしているんなら、責任を取る必要なんてないもんね。
 だけれど読んでいくとちょっとずつ、いいかげんな主人公がその自分の入っている器に悲しみやあれこれを感じ始める。外から見るとわけがわからないと思える悩みや、深く共鳴できる悩み。友達や、女の子との出会い。だんだんと、何でこの体の本当の持ち主が自殺をしたのか、その気持ちも分かるようになってくる。

 私が個人的に感動したのは、兄が怒鳴るセリフだった。「どんな気持ちか考えてみろ!」自殺して、その後のことなんてきっと考えていなかった。それだけじゃない。自分が何かをして、その後周囲がどう思うかなんて考えたこともなかった。聞いたこともなかったのだから。口が悪くて、態度も荒いけれど、その兄の姿に厚い情を感じた。そして、主人公が家族が自分を、自分の色を大切にしようとしてくれる思いを前にして呟く。「初めての友達なんだ」。その小さいけれど、大きな一言はとてもとても深かった。

 生きることが輝いて見えない。そんな時この本をまた手にとりたい。ささやかな幸せや、忘れてしまった思いを思い出せる気がするから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はこの物語に出会えたことが、嬉しい。

2002/03/08 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひこ・田中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大きな過ちを犯したため、輪廻のサイクルから外されるはずのぼく。ところがぼくの魂に「おめでとうございます。抽選にあたりました!」と天使がいう。
 なにそれ?
 悪い冗談? 
 ではなく、本当に、輪廻のサイクルにもう一度戻れるチャンスを与えてくれるらしい。そのためには、自殺を計り死にかけている中学3年生小林真の魂と入れ替わり、彼の家族とちゃんとやっていくこと。そうすれば、過去の記憶もよみがえって来て、犯した罪を許されるという。
 そこで当然ぼくは、小林真の体を借り、彼の家に魂のホームステイをすることとなる。
 なんだかふざけた設定みたいですが、そうではありません。
 天使のプラプラから与えられた情報では、真のところは平凡な愛情溢れる家庭のようにみえて、実はろでもない人々の寄り集まりの仮面家族らしい。
 真になってしまったぼくは、いやでもその裏の姿を見ることとなる。
 母親の不倫。自分のことしか考えていない父親。思いやりのない兄・・・。
 でも、この設定は、ロールプレイですから、家族や友人の裏と表を知ってもぼくは耐えられるようになっています。だって、ぼくは小林真じゃないから。
 こうして物語はある種の自由を得て、現代の「父親」や「母親」や「兄弟」、つまりは「家族」のカラフルさを描き出していく。
 果たしてこのロールプレイはゲームのようにリセットできるのか?
 そして、肝心のぼく自身は誰なのか?
 九〇年代、様々な家族の物語が書かれてきましたが、これがその中での代表的な作品になることは間違いありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

森絵都さんのパワーの凄さを感じる一冊

2002/04/02 09:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大きな過ちを犯し,輪廻サイクルから外されるはずだったぼくの魂が,再挑戦の抽選に当たり,危篤状態の「真」の身体に入りこみます。1ページ目からこの軽さ,読書の苦手な中高生でもすんなり読めます。

 思春期の子どもたちは,人から指摘されたからと言って,素直な気持ちではなかなか聞いてくれません。でも,「真」の身体を借りている「ぼく」だから,「真」の悪い所を素直に受け止め改善できます。チビで友達もいない,嫌いな「真」を完全に受け入れることが出来た時,「ぼく」は,前世で起こした自分の過ちに気がつきます。「ぼく」のガイド役,天使の「プラプラ」の存在も物語をより一層引き立ててくれます。

 自分一人の世界にこもって,悩んでいたら,どんどん悪い方へ考えて行って,取り返しのつかない事になります。真の自殺もそうです。軽いながらも,訴えることはずばっと訴えている森絵都さんのパワーの凄さを感じる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きるためには何が必要か?陳腐な問いだがその答えはこの本の中に。

2002/04/12 19:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「あなたは再挑戦の抽選に当たったラッキー・ソウルです!」死んだはずの「僕」の魂の前に、天使が現れて言う。そして「僕」は真という少年の身体を借りて、現世に再挑戦することになる。

 率直に言って、こういったタイプのテーマを児童文学という分野扱うと、「子供だまし」になってしまう感が否めないと私は思う。しかし、この本は違う。というか森絵都は違う。「生きることとは何なのか?」…まてまて! 問題はそこじゃないぞ、と著者は問い掛ける。そう、私たちも本当は気付いている。私たちが生きるのは目的のためじゃないのだ。HOW! どうやって、今を生きるかだ。

 さて、ラスト。んもう、伏線だらけなので「僕」と「真」の関係はとっくにわかっている。そうじゃなくてはこの物語自体の意味がないからだ。不覚にも涙が出た。やられたなって言う感じだ。うん、ほんとうにやられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思春期の人に是非読んでもらいたい

2002/04/15 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンヂ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙が気に入って立ち読みしてるうちにこの本の虜になってしまい、気付いたら買っていた。家に帰ってじっくり読んだら泣けてきた。主人公の気持ちが痛い程胸にしみて。それはやっぱりあたしも体験したことがある経験を主人公も経験しているからかなぁ…生きていくうちに人間は様々な壁にぶつかる。でもそれでも簡単に逃げ出そうとはせずに、少しでも立ち向かうべきだと言う事をこの本から学びました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『宇宙のみなしご』とは違う良さ

2002/05/08 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

森絵都さんの作品は、言葉の表現が巧いけれど、心に残るものがあまりないのでは、と『宇宙のみなしご』を読んだときに思ったのですが、本作品を読んでそれは誤りであったと思いました。

人はそれぞれに汚い部分を持っていて、でもきれいな部分も持っていて、あたり前のことだけれど、それを本作品の登場人物が、生きた形で表わしてくれています。
大人も子供も大変だ、男も女も大変だ、生きるって大変だ、と思いつつ、人生捨てたもんじゃないと、そんな風に思わせてくれる作品です。

話の展開が読めてしまうところもあったけれど、読めてもつまらなくなるわけでなく、最後まで一気に読めます。
個人的には『宇宙のみなしご』よりも、ずっとずっと好きな作品です。
心の奥まで、響くものがある作品です。
児童文学ですが、大人にも読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うまさと深さと軽さのほどよい関係

2002/05/23 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは凄いわ、うまい。読んだ後思わず唸ってしまうような作品。ネタ自体
はそう珍しいものじゃない。未読の方もいると思うのでぼかして書くと、何
らかの罪を犯して死んだ少年が、へんてこ天使の導きによって、下界で他の
少年の体を借りて生活をするというハナシ。それも期限つき。文中ではホー
ムステイとなっているが、このあたりの言葉の選び方もセンス抜群。

勘の良い人ならこの物語の謎(オチ)はすぐに気づくだろうし、どういった
テーマで物語が展開されるか、うすうす見当もつくと思う。きっと作者はこ
ういったことを書きたいんだろうなぁ、と序盤の方で気づいたとしても、そ
れでも読んでいてぴっ、と心の琴線に響く部分がある。

キーワードは「カラフル」。読後、このタイトルに込められた作者の意図が
キチンと伝わってくるというのは、やはり書きたいことがしっかりと書けて
いるからだろう。児童書だからといって甘いだけではなく、母の不倫や援助
交際などの現実の問題もきっちりと描きながら、だからといって小難しい物
語になっているかといえば、そうでもない。どちらかといえばコミカル。

もう、唸るしかないのだ、これは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む