サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

一人称で語る権利(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76254-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

一人称で語る権利 (平凡社ライブラリー)

著者 長田 弘 (著)

日々の在り体をささえるものをたずね確かめること。一人のわたしは何によっていま、ここに活かされているのかを問うこと。ひとのもつ言葉の根茎を、話し言葉で掘り起こしていく。19...

もっと見る

一人称で語る権利 (平凡社ライブラリー)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日々の在り体をささえるものをたずね確かめること。一人のわたしは何によっていま、ここに活かされているのかを問うこと。ひとのもつ言葉の根茎を、話し言葉で掘り起こしていく。1984年刊を一部改訂。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長田 弘

略歴
〈長田弘〉1939年福島県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。詩人。著書に「私の二十世紀書店」「詩は友人を数える方法」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わたしの言葉の盃はいつでもきれいだろうか

2005/08/13 10:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長田弘さんの本は、いつも言葉の怖さ、大切さ、を確認させてくれます。
この一冊は1946年の戦後新制小学校の最初の一年生だった、という個人的な話から始まり、繰り返し、「体験は個人的なもの、本当に理解を伝えることは難しい。それだからこそ言葉を選び、語ることを続けなければならないこと。」を語り続けています。一見易しそうな「はなしことば」を使って書かれていることが、かえって「きちんとよむこと」をこちらに求めてくるようです。
戦後の新制教育で導入された新表記、新かなづかいがどうしても自分にしみついていること。しかし、まわりにはまだたくさん旧かなの読み物はあったという状況が、それを知らない世代よりも「言葉は、選択である以前にまずわたしたちにとって時代というか状況による一つの方向=意味を持ってしまっている」ことを著者に強く感じさせるのでしょう。
詩人、長田さん個人の経験の中には、決して読者には共有できないものも存在している。それでも、その個人的でしかないもの、を普遍的に誰もが持っている、ということは共有できる。これは詩集「死者への贈り物」「人生の特別な一瞬」でも感じたものです。
「不完全な言葉が不完全な人間としてのわたしを絶えず喚起するということにこそ、わたしは言葉の力をみとめたい。」
「問題はその言葉を、その言葉によってしかいいあらわせないとりかえのきかない経験として、どこまで読み手に差し出せるのかということにかかるのだろうと思う。」
「この言葉はつかえない、つかえる、あるいはこの言葉ではちがう、そういうことをそれぞれの言葉がはっきりになってでてくるときに、ちがいをちがいとして、しかもそのちがいをとおして共通の問題がでてくる。」
「それぞれがたがいにちがうということが、わたしたちにとってのたのしいありようなのだという感じかたを、じぶんに失くさないようにしたい。」
これらの言葉はどれも心にしっかりと沈んで行きます。「詩の言葉は感受性の容器なんだ」「詩の言葉は「私の盃で飲む」言葉なんです。」という二つに、受け止める自分の「感受性という言葉の盃」を、それがどんな形であれ、いつでも使える、使い勝手の良いものにしていなくては、と思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/02 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る