サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. あるべき明日 日本・いま決断のとき

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あるべき明日 日本・いま決断のとき
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.8
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-60211-8
  • 国内送料無料

紙の本

あるべき明日 日本・いま決断のとき

著者 堺屋 太一 (著)

日本が不況・不評・不安の三重苦に陥っているのは、この国の進む方向と進む仕組みが世界の潮流から外れているからだ。古くなってしまった日本の体制を改め「明日のあるべき姿」を問い...

もっと見る

あるべき明日 日本・いま決断のとき

1,543(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本が不況・不評・不安の三重苦に陥っているのは、この国の進む方向と進む仕組みが世界の潮流から外れているからだ。古くなってしまった日本の体制を改め「明日のあるべき姿」を問い直す。日本盛衰の岐路に問う警世の書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堺屋 太一

略歴
〈堺屋太一〉1935年大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業。通産省に勤めた後、作家活動に入る。主な著書に「明日を読む」「欣求楽市」「秀吉」ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

外からの提言は魅力的、しかし行うは難し。

2000/11/22 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あつぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本社会への提言を試みた1998年夏の著書。著者は、この本を書いたからかどうなのか、不況の打開策の担い手として経済企画庁長官に任命されている(2000年10月現在在任中)。
 気の毒ながら、やはり客観的に大胆な提言をすることは可能でも、実際に直接(官僚などを)指揮する立場にたったときに、著書にあるような理想に向けての改革は困難(不可能?)であるということが証明されてしまった。
 内容は、官僚主導はこれからの社会にはそぐわないことを他国の例を挙げて看破するなどなかなか面白い。決して大きくはない風呂敷すらなかなか現実には広げられないことを痛感させられる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む