サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神狩り(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.8
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-441-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神狩り (ハルキ文庫)

著者 山田 正紀 (著)

【星雲賞日本短編部門(第6回)】【「TRC MARC」の商品解説】

神狩り (ハルキ文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

山田正紀の原点にしてデビュー作

2002/03/19 22:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 山田正紀のデビュー作で、1974年の発表。学園闘争の時代の雰囲気なんかが、今となると色々と面白いところ。

 どんどん事態は悪化し、得た友も協力者もかつての敵さえも倒れ。神の姿も捉えられないまま翻弄される主人公。しかしそれでも諦めない意思ってのが、やはりいいですねえ。直接的ではない示されかた をすることで、捉えがたく恐ろしい神というのは、小説ならではという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 18:51

投稿元:ブクログ

 若き天才情報工学者、島津圭助は「十三重に入り組んだ関係代名詞と、二つの論理記号のみの文字」で構成される『文字』を見せられる。論理では解くことのできないこの文字は、やがて「神の存在」へと繋がって行く。この世に神は存在するのだろうか? SF小説の名作。

 この作品は、昭和51(1976)年に書かれているので、コンピューターを使用する場面の描写はいささか古めかしく感じられますが、読者を作品に引き付ける魅力はいつまでも色褪せないはず。

2008/08/18 21:18

投稿元:ブクログ

《神》を狩るというとんでもない主題の小説。短い小説のためか登場人物も少なく、無駄な描写のない、筆者のイメージをズンズンと記していったのかな、と思わせる構成。死体をどう処理したかとか、機動隊に囲まれてどうやって脱出したかなどという疑問はあえてすまい。
核となるなぜ《神》を狩るのか、の部分は歴史・宗教的な側面を踏まえ、説得力あるロジックが構築されており、中盤以降はどうやって狩るのかをまんまと期待させられてしまった。

2009/12/11 15:08

投稿元:ブクログ

およそ40年前に・・・デビュー作で・・・この内容!?

凄すぎる\(◎o◎)/

でもクリスチャンの母が読んだらひっくり返りそうな話だわ(笑)

すご~く盛り上がったのに、ここから!ってとこで話が終わってしまうのが非常に残念。

2010/05/20 21:42

投稿元:ブクログ

13の関係代名詞と2つの論理記号から、神の存在を…というあおりに期待しすぎて拍子抜け。
なぜ関係代名詞と論理記号であるのかの理由付けとか、なぜ人間がそれを理解できないのかの描き込みをしているのかと思っていたが…
行く手をはばむ超自然の力に挑むというのがいいのかな?
霊能者がでてきたり、キリストも超自然の力にねじ曲げられた犠牲者のひとり…というくだりでは、CLAMPのXとか「百億の昼と千億の夜」を思い出した

2010/09/23 22:55

投稿元:ブクログ

「神狩り2」を読んだ勢いで再読しました。今読み返すと、文体や細かいところなどあれ?と思うところもありますが、やはり名作です。これがデビュー作というのが本当にすごい。読み返してみて、「神狩り」と「神狩り2」がまったく別物ということを再認識しました。

2016/10/12 23:30

投稿元:ブクログ

全ては妬む神の御業である…幸も不幸も。
その軛から解放されるためには

[非論理的なる世界については、それがどのようなものであるか語ることさえできないない。/byヴィトゲンシュタイン]

と説くヴィトゲンシュタインを超えなければならない。

この世に示現し、神に触れ得ようとした聖人達を神の犠牲者と語る本作にストンと何かが落ちた気分。

2012/11/11 20:34

投稿元:ブクログ

若き天才情報工学者、島津圭助は、神戸市で調査中の遺跡、花崗岩石室内壁に、ある『文字』を見せられる。十三重に入り組んだ関係代名詞と、二つの論理記号のみの文字。論理では解くことのできないその世界の言葉を執拗に追うある組織は、島津の卓越した頭脳に、この文字を通じて『神』の実在を証明することを強要する。―語りえぬことについては、沈黙しなくてはならない。ヴィトゲンシュタインの哲学に反く行いに幕を開ける、SF小説の金字塔。

神に対するアイディアがまず面白い。70年代のSFだが時代をあまり感じさせない。 学生運動が描写されているシーンではじめて古い作品だと気が付いた。

2012/10/19 22:32

投稿元:ブクログ

限られた環境の中で信仰されている神々は、信仰している人間が滅んでしまったらどこにいくのか?

すなわち神がいる場所は…

なかなか超次元的で面白かった。