サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

檻のなかのダンス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:19cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87233-401-9
  • 国内送料無料

紙の本

檻のなかのダンス

著者 鶴見 済 (著)

体をじっと大人しくさせ、脳は意識過剰で狂わす監獄社会に対して起きたダンスという暴動。覚醒剤所持で逮捕された著者がその監獄体験から現代社会の息苦しさの正体を明かし、生きる哲...

もっと見る

檻のなかのダンス

1,512(税込)

ポイント :14pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

体をじっと大人しくさせ、脳は意識過剰で狂わす監獄社会に対して起きたダンスという暴動。覚醒剤所持で逮捕された著者がその監獄体験から現代社会の息苦しさの正体を明かし、生きる哲学まで示した渾身の一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ダンスドラッグ非日常

2002/07/23 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優樹O - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日常を生きるつらさに耐え抜くすべを見つけ出すことが現在の日本における苦しみだ。本書はその日常からの逃避方法としてドラッグとダンスをあげている。また巻末はオウム真理教や阪神大震災と非日常性への欲求について95年当時作者がかいた原稿が収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

監獄の誕生

2002/01/30 05:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プジタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 クスリでつかまった著者が、「監獄も学校も似たようなもんだ」という感想をフーコー「監獄の誕生」の理論を援用しつつ書いた本。学校は監獄に似ている、というよりは、現代社会をコントロールする機能というのは学校軍隊病院などなど全てに共通していて、それを一番分かりやすい形であらわにしているのが監獄である、ということ。体育の時間の「右向け、右!」って、今考えると凄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

2003/02/05 03:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太田出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書執筆中に逮捕された著者が獄中で辿り着いたのは、監獄と日常生活があまりにも似ているという恐ろしい現実だった。退屈、無気力、閉塞感を押し付ける現代社会から脱獄する方法は何か? 現代社会サバイバルのための完全、唯一の実用書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/08 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/24 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/25 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/16 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/04 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/31 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/09 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/12 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/07 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

本・読書・出版・全集 ランキング

本・読書・出版・全集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む