サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. シェアウェア もうひとつの経済システム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シェアウェア もうひとつの経済システム
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:20cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-0000-0
  • 国内送料無料

紙の本

シェアウェア もうひとつの経済システム

著者 宮垣 元 (著),佐々木 裕一 (著)

シェアウェアはこれまでの商品とは違って、売った買ったの世界ではなく、「みんなで育てるもの」。オンライン・ソフトウェアの作者21人の生き方や考え方を綴った、21の物語。「共...

もっと見る

シェアウェア もうひとつの経済システム

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シェアウェアはこれまでの商品とは違って、売った買ったの世界ではなく、「みんなで育てるもの」。オンライン・ソフトウェアの作者21人の生き方や考え方を綴った、21の物語。「共感コミュニティ」の不思議なプロセス。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮垣 元

略歴
〈宮垣〉1970年兵庫県生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科教博士課程在学。
〈佐々木〉1968年東京都生まれ。アーサー・D・リトル株式会社のコンサルタント。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1999/1/1

2000/10/26 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ソフトウエア - この投稿者のレビュー一覧を見る

シェアウエアは,なぜソフトの配布形態の一つとして定着したのか。多くの人は,理由として「流通コストがかからない」「代金を支払う前に試用できる」などを挙げるのではないか。もちろんこれらも理由の一つだろうが,こうした考え方は「ネットワーク上でのユーザーと作者のコミュニケーション」という重要な側面を見逃している。
 本書はこのような視点から,秀丸エディタやEmTermといった有名シェアウエアの作者21人に取材し,シェアウエアについての洞察を加えている。ユーザーのニーズやバグなど,本来ならコストをかけて集める必要のある情報がユーザーの側から自発的に発信されるのは,「シェアウエアは,ユーザーみんなで育てるもの」という意識があるためだ。このような分析とともに,「ともに作る喜び」を見いだしたプログラマがシェアウエア作成にのめり込んでいくさまも伝えている。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もうひとつの経済システム!

2002/02/19 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしたか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 好きなことをやる。金は、生活にこまらない程度に稼げれば良い。金儲けよりも、仲間と楽しくやりたい。誰もが一度は夢見る。しかし、現実には不可能だ。好きなことをやって貧乏するか、つまらない仕事をやって安定を手に入れるか、どっちかだろう。

 しかし、実現できる世界・手段があった。それが、シェアウェア、だ。プログラマーがソフトをつくり、ネット上で公開する。ユーザーは、使ってみて、気に入れば代金を送る。また、こういう機能をつけてほしいなどと、プログラマーに注文する。もちろん、全員が、きちんと金を払うとは限らない。でも、ネット上で販売するため、コストがかからないので、なんとかやっていける。趣味とボランティアとビジネスがちょうどいいバランスになっている。

 こんな世界があるのだ。この本を読んで、なぜ自分はプログラマーにならなかったのだろう、と本気でくやしくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する