サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

業苦・崖の下(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1998/09/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-197630-3
文庫

紙の本

業苦・崖の下 (講談社文芸文庫)

著者 嘉村 礒多 (著)

嘉村磯多は山口県の農家に生まれ、短躯色黒のために劣等感に悩まされた。初恋の相手とは両親の反対で挫折し、結ばれた別の女性とは婚前の不品行を疑い、妻子を捨てて愛人小川ちとせと...

もっと見る

業苦・崖の下 (講談社文芸文庫)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

嘉村磯多は山口県の農家に生まれ、短躯色黒のために劣等感に悩まされた。初恋の相手とは両親の反対で挫折し、結ばれた別の女性とは婚前の不品行を疑い、妻子を捨てて愛人小川ちとせと出奔上京、その体験を『業苦』に書いた。小説の本領は自分の事を書く“私小説”にあるとの当時の思潮を愚直に実践し、自己暴露的な私小説20余篇を残し昭和8年37歳で早逝した特異な私小説作家の秀作群。【商品解説】

収録作品一覧

業苦 7-36
崖の下 37-67
父となる日 68-95

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

嘉村の劣等感

2016/03/30 07:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近昔の私小説と言われるものを、いくつか読んだ。葛西善蔵や田中英光などである。彼らに共通しているのは劣等感である。それと家庭の不和。嘉村においては、母親との関係が大きく影を落としている。確かに良い作品もあるが、もっと他の作品を読みたいと思うほどでもなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私小説的業

2016/02/05 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩漬屋稼業 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私小説における自意識の動きというものがある、と思える、たとえば、
 私は最低のどうしようもない男である。あんなこともすれば、こんなこともして実にくだらない奴である。他人の目を気にして妙なところでエエカッコするくせに、手近なところで八つ当たる。それも八つ当たりを許してくれるとわかっているところで八つ当たりするのだ。実に甘えているではないか。しかし私はそうした諸々を自覚しているのだ。そしてそのことをこのように冷静に書くことさえ出来るのだ。無自覚にくだらない奴めらの愚かさと比べて、この私の自覚せる意識の高さは優れている。それは小賢しく卑怯でもある。しかしそう指摘されたところで、そんなことはわかっている。自覚している。
 わかってやっているという逃げ道。甘えていて、それを知っている。そして結局は許されることをアテにしている。
 なんという女々しさだろう。本書に収められた短編にみえる自意識の運動はこのようなものだ。しかし、そして読者は(少なくとも評者は)、同じ甘えた逃避願望を共有し、慰藉されるのだ。女々しさを自覚した上で、となくもがなの一文を付け加えることを忘れずに。
 しかし、この女々しさには、
「芸術は夫自身が目的で、人生の幸福を得るための手段と心得たら大間違いだ。成功するための手段ではなくて、実に此一道より他に道はないから結果は分らぬが、たとえ虎が口を開いていても、大蛇が口を開いていても、此一道を行かにゃならん、というのが私の信念なんだから」(p.271)。
 こうした大ぶりな悲壮感が伴っているのだ。
 しかし本当に「此一道」しかなかったのか。そうでもないのだ。やり直せる機会はあったし、未だあるのかもしれない。それでもやり直さず、やり直せず、自らを追い込んでしまう。それは、どうしようもなく瑣末な事柄に躓いてしまう、拘泥してしまう習性。
 これは業としかいえないような何ものかだ。これが上述のような自意識の運動を生み出し、そうして生み出された動きを当てどなく追いつつ、私は、あるいは私たちはその業に触れようとするのだろう、恐らく。それが業苦なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/21 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/14 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/21 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/23 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。