サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時の鳥籠(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/504p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182040-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

時の鳥籠 (講談社ノベルス)

著者 浦賀 和宏 (著)

初対面の少女の自殺を何故か私は知っていた。私の生まれてきた理由は、その少女を救うためだから…。少女に出会った途端、意識を失った私が過去を語り出したとき、日常は呆気なく崩壊...

もっと見る

時の鳥籠 (講談社ノベルス)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初対面の少女の自殺を何故か私は知っていた。私の生まれてきた理由は、その少女を救うためだから…。少女に出会った途端、意識を失った私が過去を語り出したとき、日常は呆気なく崩壊していった。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浦賀 和宏

略歴
〈浦賀和宏〉「記憶の果て」で第5回メフィスト賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

「記憶の果て」の続編であり、解答

2002/04/08 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作の浦賀氏のテビュー作「記憶の果て」で謎だったところがいくつか説明されている。しかし、説明的、という意味ではない。また「記憶の果て」の主人公の思想がかなり幼稚なものだったのに比べると、ちゃんと成長している。次への課題を消化できる作家だ。抵抗なく読める話に仕上がっている。
 そして、かなり入り組んでいるように見える構成だが、丁寧に読むとそう難しいことをやっているわけではない。単純に面白いねえ、と思える。

 ところで氏は、この本を読んでも読まなくてもどっちを選んだって後悔する…というようなことを言っている。作中から何となくだけど感じる彼の自信のようなものと比べて読むと面白かった。氏の人柄が垣間見える気がして…(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

浦賀ワールドの最高峰

2002/03/12 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:modern - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在においても、この作品が浦賀和宏の一つの頂点と言うことができるだろう。極限まで練り上げられ、読む者を飽きさせないプロット。YMO「テクノデリック」に彩られた、退廃的でありながら限りなく優美な世界観。そして結末の衝撃。どれをとっても「天才」という言葉がふさわしい。
 「記憶の果て」に対する、余りにも完璧な回答。凄いって、本当に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/22 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/05 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/30 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/05 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/06 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/29 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/31 06:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/28 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/01 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む