サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 学陽書房
  6. 人物文庫
  7. 罪なくして斬らる 小栗上野介

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

罪なくして斬らる 小栗上野介(人物文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 学陽書房
  • レーベル: 人物文庫
  • サイズ:15cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-313-75057-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

罪なくして斬らる 小栗上野介 (人物文庫)

著者 大島 昌宏 (著)

罪なくして斬らる 小栗上野介 (人物文庫)

756(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時の流れのむごさ

2002/12/10 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉田くに - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人の心ほど変化に富むものはなく、時代の流れほど急で時にむごいものはない。その犠牲者ともいうべき、歴史に埋もれた幕末の幕臣・小栗上野介の姿を描いている。幕臣といえば表向きに有名なのが幕末動乱の最中江戸を無血開城させ、江戸を戦火から救った勝海舟であろう。しかし日本が諸外国に侮られず現在の経済大国までに成長してこれたのは、国内の産業・工業の基盤を築いた小栗がいたからこそではないだろうか。徳川御用金着手など冤罪の汚名をきせられ歴史から名を抹消され続けてきた事をこのたび私は悲しく思った。崩壊していく幕府の有様を既に先読みしながらも最後まで幕府再建の改革に尽くした小栗。時代を見抜くあまりにも鋭い目を持ちすぎたがゆえ自らの災いを招くとは、あまりにもむごい。手がけた日本初の大掛かりな造船所の完成を見ることもなく、また死後明治という新たな国家でようやく彼が過去の渡米の際着眼していた日本にとって必要な改革が次々と実現していったという皮肉さ、時の流れというものの残酷さが身にしみる思いである。
 いつの時代でも優秀な才能を持っていながらそれを生かせる上司・環境がなければ何も育たない。むしろとりまく環境の悪さの為に身もろとも潰されてしまうこともある。小栗は後者で彼の生きた時代・環境が味方をしてくれなかった。もし今、彼が生きていたらどんな手腕を発揮するだろう?などとふっと考えてしまう。
 より広く、多くの人間に小栗の存在を知って欲しいと思う。また現代人が平和に暮らし何気なく使用している公共物やあらゆる日常生活の中に彼の功績が幾つも残っているということも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/03 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/15 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/11 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/12 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る