サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

聖書と終末論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 小沢書店
  • サイズ:20cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7551-0376-2
  • 国内送料無料

紙の本

聖書と終末論

著者 小川 国夫 (著)

神の裁きの前になぜ凶変災厄が世界を覆うのか。永年聖書に親しんだ文学者が、荒野の預言者の祈りを聞き、ドストエフスキー、ゴッホ、ダンテらの終末感に即して、絶望から希望へ、愛に...

もっと見る

聖書と終末論

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神の裁きの前になぜ凶変災厄が世界を覆うのか。永年聖書に親しんだ文学者が、荒野の預言者の祈りを聞き、ドストエフスキー、ゴッホ、ダンテらの終末感に即して、絶望から希望へ、愛による回復を語る。岩波書店87年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 国夫

略歴
〈小川国夫〉1927年静岡県生まれ。東京大学国文科中退。東大在学中、パリに留学。著書に「アポロンの島」「逸民」「ハシッシ・ギャング」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

終末論と小説

2008/06/19 10:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩波の「作家の方法」叢書の一冊として1987年に刊行されたものを、後記を加え1998年に小沢書店から再刊した本。トルストイ、フォークナー、エレミア書、イザヤ書、平家物語、コリント前書(パウロ)、ドストエフスキー、万葉集、暗夜行路、セザンヌ、ゴッホ、黙示録、ダンテを通して、人が歴史の中で圧迫され「正しい裁き」を求めるところから終末の観念が生まれ、さまざまなヴィジョンや問題が発生するのではないか、という問いと思考を重ねて行く連続講演。ほんの薄い本だが、小川国夫の小説観がよく出た好著。未来へ向けて死を背後に逃走(脱出)する生とか、小説における「列車」の機能とか、キリスト教の土壌における「自由」の観念とか、とても面白い。文庫化復刊希望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する