サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 完本妖星伝 1 鬼道の巻・外道の巻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

完本妖星伝 1 鬼道の巻・外道の巻

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:16cm/757p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-32644-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

完本妖星伝 1 鬼道の巻・外道の巻 (ノン・ポシェット)

著者 半村 良 (著)

完本妖星伝 1 鬼道の巻・外道の巻 (ノン・ポシェット)

1,188(税込)

完本 妖星伝(1)鬼道の巻・外道の巻

864 (税込)

完本 妖星伝(1)鬼道の巻・外道の巻

ポイント :8pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

無辺の世界に言葉無し

2001/05/29 04:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人々の「不幸」のみを望み、はるか昔から歴史の闇に暗躍してきた異能の者たち——鬼道衆。様々な超常能力を持った彼らの崇める、不可侵の絶対者・外道皇帝が、永い沈黙を破りこの世に復活した。鬼道衆が求めつづけていた伝説の「黄金城」の扉は、いま開かれんとしている。

 人とは、時間とは、宇宙とは、存在とは何なのか。一人の人間が一生かかっても答えきれない命題を、いささかも躊躇することなく、次から次へと物語のなかにぶち込んでいく。

 すべてを語ってやろうじゃないかという半村良の意気込み、ここまでくるとすでに狂気にすら感じられるその想いに、読者はただただ圧倒され、綾辻行人や京極夏彦と同じく、自らの価値観を一変させられてしまうだろう。

 これが小説として書かれ、そして今手に取れることの幸せを、なによりも喜ぶべきである。にわかには信じがたいかもしれないが、『妖星伝』はこの地に住む同じ人間が創りだした代物、手を伸ばせば、広大無辺な世界がそこにあるのだ。言葉はいらない、今すぐ飛び込め。

 このままずっと終わらないでほしい、読み進めながら何度そう思ったことか。人には死があるように、物語には完結という終わりが待ちかまえている。己が「今」を体感している以上、すべての時が止まる一点に近づきつつあるのは、逃れようのない現実だ。すなわち頁を繰る行為とは、生を疾走し、死に向かっていくことと同義であるのかもしれない。

 しかし『妖星伝』は、本を閉じてからも生き続けた。いや、存在すると言った方が良いか。身体という名の器から脱した魂は、時の緊縛から逃れ永遠の営みを得るように、この物語は終結を迎えてもなお、読者の内にいつまでも色あせず在り続けるのだ。

 妖星は決して滅びない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦後の物語文化が産んだ、貴重な成果

2002/06/16 12:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なにしろ、おれが活字の物語を楽しむようになったガキの時分からお世話になっている作家だ。しかし、このシリーズは未完であることもあり、今まで未読であった。そして、完本と題されて文庫化されたものを一気に読んで、「今まで読んでいなくて良かった」という感想を得た。
 氏の作品はほとんど目を通しているのである。分析せよといったらいくらでもできる。が、それより単純に玩味することをおれは選んだ。ひとつの物語として、とても魅力的なのである。美味しいのである。
 大正時代の大衆小説の流れを汲む、優れた伝奇物であった。
 登場人物それぞれの運命、周到に張り巡らされた伏線、東洋的な用語で語られるSF的な思想、最後にみえてくる壮大なビジョン……。
 贔屓の引き倒しといわばいえ、どれをとっても文句なし。戦後の日本がうんだ、物語文化の立派な成果。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/20 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/18 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/01 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む