サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ホット・ロック 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホット・ロック 改版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-252201-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ホット・ロック 改版 (角川文庫)

著者 ドナルド・E・ウエストレイク (著),平井 イサク (訳)

ホット・ロック 改版 (角川文庫)

843(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

何故かこの面々が集まると

2001/06/09 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:seimei - この投稿者のレビュー一覧を見る

 刑期を終え、出所をしてきた盗みの天才プランナー、ドートマンダー。彼のもとに大きな仕事が舞い込む。アフリカのタラブウォ国の国連大使の依頼で、コロシアムに展示されている大エメラルドを盗み出すというものであった。報酬は15万ドル。4人の仲間を巧みに使い、犯罪アイディアを練るが…。

 面白いですよう。ニヤニヤしながら読み勧められる作品です。次から次へと犯罪のアイディアを繰り出すドートマンダーをはじめ、「うまい話があるんだ」と、ドートマンダーに盗みの話を持ち掛け、能天気だが、人集めくらいしか能力がないケルプ、クルマ狂いのマーチ、といったレギュラー、錠前師のチェフウィック、伊達男のグリーンウッド、人の身上調査書作成に何よりも喜びを感じる国連大使アイコー少佐といったゲストたちのいかにも曲者といった個性と、ちょっとずれた会話。何より面白いのが、どんどんダイナミックになっていき、痛快な犯罪のアイディアです。ネタばれになるのでここでは書きませんが、最高ですよう。
 それぞれ能力があるのに、何故かこの面々が集まると不運になる。これってすごく良く分かります(笑)。わたしと友達たちも…。
 そうそう、これを言い忘れてはいけませんね。『ルパン三世』をこよなく愛する人には是非!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

試行錯誤の強奪劇

2001/08/03 13:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 同じ宝石を何度も盗むはめに陥る、という着想が素晴らしく、それぞれの強奪アイデアが凝っていて、それが失敗するプロセスも上手である。おまけに文章がうまくて人物が魅力的とくれば、これ以上何を望みますか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドタバタ

2001/11/08 01:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 盗みの顛末を描いた犯罪小説。といっても基本はコメディなので、「成功するかどうか」のスリルより、「どう失敗するのか」という笑いがメインとなっている。いつも誰かがドジを踏み、せっかくの計画がパーになってしまう。そのドタバタぶりがたまらなく可笑しい。同じ作者の「踊る黄金像」もおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧倒的に面白い、天才泥棒の話。

2010/07/30 17:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

矢鱈めっぽう面白い!帯の謳い文句にある様に、二転三転する展開に、ハラハラドキドキする一冊だ。
天才的な犯罪プランナー、その名もドートマンダー。彼に寄せられた依頼は、

アフリカにある2つの小国家の間で部族の威信を懸け、
奪いあいを続けているバラボモ・エメラルドを奪還して欲しいという内容。

成功報酬は1人頭3万ドルで、上限は15万ドルまで、つまりは、
最大で5人のチームを組んで仕事に当たって貰いたいという何やら曰く在り気な条件付き。

早速、相棒のケルプと手分けして腕利きの泥棒仲間3人に電話をするドートマンダー。
(この時電話の向こう側で誘い出されることになる3人がしている事が、

3者3様かなり変わっていて爆笑せずにいられなかった。) ともあれ5人組は蠢き始める。
が、思うように事は運んでくれない。何故か?それは圧倒的にドートマンダーのツキがないからである。

ツキがない、ならばどうするのか?天才的な犯罪のプランを立て皮肉な運命を打ち破る。
彼らと対峙している依頼主であるアイコー小佐のキャラも良い。何よりも好きな物が、

自分が交渉をしている人間の身上調査書作成で、相手を知りたがり、又、支配したがる。
おまけに自分の故国がアフリカの小国である事を理由に何かと理由を付けては、

宝石奪還が無事に成功するまでの間の、週200ドルの必要経費の捻出さえ無理矢理抑えさせようとし、
ドートマンダーとぶつかる始末だし。それでも乗り掛かった船とでも言うべきか、

バラボモ・エメラルドの追跡を諦めようと、すればするほど、事態は転がり続け、
簡単にはヤマから下ろしては貰えなかったりする。なので、渋々、

愚痴も挟みつつ前進するより他ないドートマンダー強盗団。
中々入手困難な宝石を追い掛けて、あれこれ奇想天外な手を仕掛け続けるのだが、これが、実に破天荒!

しかも、携わる仲間も型破りなので、犯行現場は常にスリリング。
『なんでそうなるの!?』思わずツッコミを入れたり、余りの馬鹿さ加減に噴き出したりと、

読んでいるこちらを片時も飽きさせない。深夜の刑務所破りも、白昼堂々と乗り込む警察署突入も、
思いもよらない発想力で実現させてしまうので痛快だ。更には、一読しただけで怪しい、

遣り手弁護士も登場して来る。彼は果たして味方か敵か?どちらにせよ、
一味の運命を左右する存在になるのは間違いないのだが。さてはてドートマンダーは如何なる手段を使い、

次々襲い掛かる悪運を跳ね飛ばし、宝石の奪還に成功するのだろうか!?
めくるめくスペクタルを存分に堪能出来る、そんな一冊として、

心からオススメ致します。あ~、面白かった!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/02 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/10 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/26 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/04 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/12 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/01 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/29 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る