サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルース(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/566p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-189804-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ブルース (角川文庫)

著者 花村 万月 (著)

ブルース (角川文庫)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

50%OFF

【期間限定価格】ブルース

09/28まで通常864

432 (税込)

【期間限定価格】ブルース

ポイント :4pt / 紙の本より453おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哀しい歌声

2002/04/13 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 理屈より感情。暴力とセックスでしか愛情を表現できない不器用な奴らが繰り広げる、哀しい物語。ホモの中年ヤクザ徳山、ブルースを歌う綾、ギタリスト村上、彼らが奇妙な三角関係を持ったときから、この物語がはじまる。
 この作者の特長はやはり、登場人物たちの存在感にあるだろう。指を切り落とし、暴言を吐き、汚物にまみれながらも、彼らは心のなかに侵されることのない「潔癖」な部分を持っている。特に「優しさ」と「残虐性」を心に同居させた徳山の情けなくて怖いというアンビバレントなキャラクターが面白い。他の人物も、なかなか現実にはいないような人たちなのに、リアルで存在感がある。これはやっぱり、作者の過去が関係しているのでしょうか。かなりヤバイ経歴を持った人らしいけれど…… 著者近影を見ればニッコリ笑った萬月さんが写ってるんだけど、その写真と話とのギャップにはちょっと戸惑う。ま、それはともかく、いかにも花村萬月らしい、熱い想いを読者にぶつけてくる小説だ。芥川賞作家だからかな、さすがに文章もうまく、スラスラと読める(改行が多いせいかもしれないが)。他の作家にはないエネルギーをもっている作家さんなので、熱い読者体験をしたい人にはおすすめです。ちょっと好き嫌いがわかれるかもしれませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小っ恥ずかしい青臭さが、美しい

2003/07/11 01:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yurippe - この投稿者のレビュー一覧を見る

虐待され、どん底の生活の中で、黒人たちがせめてもの慰めにとありったけの魂を込めて口ずさんだ救いのない歌、ブルース。この黒人音楽を表題に持つ本書の結末に、大団円は期待すべきでない。だが、堕(お)ちる所まで堕ちた人間たちの哀歌に受ける衝撃は、想像以上だ。

舞台は横浜市中区寿町。ハマッ子が“近づいてはいけない”と教えられる町、通称“コトブキ”は国内最大級のドヤ街であり、今も昔もハマのアンタッチャブルである。本書によれば次のような町だ。

寿町。簡易宿泊所の町。ドヤ街。毎年二百人もの行路死亡者のでる街。中村川に死体の浮く町。死体が浮いても、労務者風であれば、警察は調べもしない地区。ほとんどの死亡者が無縁仏として葬られる町。港湾労働者をはじめ、港町横浜の底辺を支えて、忌み嫌われながらも、その存在が絶対に必要である町。(文中より)

主人公の村上は、寿町にくすぶるシカゴ仕込みの一流ギタリスト。厳しい港湾労働の中でも最もきついといわれるタンカーのスラッジ清掃で日銭を得ている。寿町の目と鼻の先にある中華街のバー“MOJO”に迷い込んだある晩、村上はステージ上で蛇のようにくねる美しいブルースシンガー綾に出会う。そしてまた大時化のある晩、港湾労働を取り仕切るヤクザであり同性愛者でもある徳永は、スラッジ清掃の際に村上が目をかけている青年、催を巨大タンカーの底に突き落とし、死なせた。村上への愛ゆえに。徳永の歪んだ愛と綾のひたむきな恋心が、村上を徐々に締め上げてゆく。

中学・高校の6年を山手のミッションスクールで過ごし、学生生活の4年を横浜市の大学で送り、文字通り横浜で生まれ育った私は、横浜を庭だと思っていた。…だがそれは思い上がりで、花村萬月の描きあげた横浜は全くもって未知の世界だった。ここには、レトロな洋館も、瀟洒なカフェも、和める港の風景もない。あるのは腐臭を放つドヤ街と、登場人物たちの悲痛な叫びばかりだ。

自ら青臭いと恥じながらも、音楽論を語り、階級闘争を唱える催に説教をたれ、音楽に苦悩した身の上話をぶつ。村上の言葉は読んでいる方が恥ずかしくなるような“熱い”ものばかりだが、しかしその未熟さ、稚拙さに喩えようもない魅力がある。それらは、私たちがそれに正直に生きたい願いながらも、社会生活を送る上では内に秘めるか、忘れざるをえなかった思いだからかもしれない。

しかし一度どん底の生活に堕してしまった者は、未来の明るい状況を手に入れても、それを捨てる方向へと進むことしかできない。安定、幸福、前途ある将来…、それまでの自分とは対極の存在であるそれらを前に、手にしたら再び失うかもしれないという恐怖と潜在的な不安が、舵をもと来た道にきらせるのであろうか。村上は、美しい綾と、確実にヒットするに違いない彼女のバンドの一員としての地位を手に入れ、コトブキを上がってもなお、破滅への道に足をむける。

コトブキの威を借り、コトブキに支配された村上の行く末は、表題の通りである。
花村萬月作品群の、一つの頂点をなす傑作である本書は、完璧なハードボイルドであり、濃密な恋愛劇であり、紙上に奏でられたブルースである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/20 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/23 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/15 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/29 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/07 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/08 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/29 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 02:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る