サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴァージン 僕は世界を変えていく
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: TBSブリタニカ
  • サイズ:19cm/607p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-484-98112-2
  • 国内送料無料

紙の本

ヴァージン 僕は世界を変えていく

著者 リチャード・ブランソン (著),植山 周一郎 (訳)

階級社会のイギリスで、学歴もなく、ヒッピーのようなライフスタイルを貫きながら、起業家として「アメリカン・ドリーム」を実現し、万人から愛され続ける男・ブランソンが初めて語っ...

もっと見る

ヴァージン 僕は世界を変えていく

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

階級社会のイギリスで、学歴もなく、ヒッピーのようなライフスタイルを貫きながら、起業家として「アメリカン・ドリーム」を実現し、万人から愛され続ける男・ブランソンが初めて語った痛快自伝。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

リチャード・ブランソン

略歴
〈ブランソン〉1950年イギリス生まれ。ヴァージン・レコードやヴァージン・アトランティック航空などを含むヴァージン・グループの会長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

惚れぼれ

2002/03/08 18:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:funabee - この投稿者のレビュー一覧を見る

 情けない話だが、自分の生き方に自信が持てなかった時期があった。自分では信念をもって行動しているつもりでも、周囲には必ず迷惑をかけてしまう。以前は怖いもの知らずに突っ走れたはずなのに、気を遣うあまりにブレーキをかけてしまうのである。

 そんなとき、ふと書店で手にした自伝が私を大いに奮い立たせた。彼はどんな失敗にもひるまず、敵が大きければ大きいほど闘志を燃やす。周囲への気遣いもまるで楽しむかのように自分の生き方に馴染ませていく。そんな男、リチャード・ブランソンに私はノックアウトされた。惚れた。あこがれた。

 彼はいわずとしれたヴァージングループの総帥だ。彼の経営手法も知名度も超一流なので、あえて解説なんてヤボなことはしない(事実、彼のブランド拡張の手法に私は反対だ)。とにかく惚れたのだ。恋なんて盲目なもの。これを読まずしていまの私はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新興勢力は必ず既得権益保持者達の激しい妨害に出くわす。

2002/06/28 01:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:村田 拓 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 歴史上数多くの企業、宗教、組織、団体が既得権益保持者達の圧倒的な力に対抗しきれずに消え去っていった。いまでこそ、そのサービスのすばらしさでよく知られているヴァージン航空であるが、かつて決して公正だとは言えないような汚いやり方で、この新興航空会社もつぶされようとしていた。また、実際つぶされてしまった航空会社がいくつもいくつもあった。この本の著者でヴァージングループ会長のリチャード・ブランソンはその苦境の中でも、すさまじい楽天家ぶりを発揮し、見事にその妨害を退ける。その後、航空会社をはじめとする様々な事業を通じてヴァージングループの桁外れな拡張に成功する。
 すげーはなしだ!!!


村田 拓

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/01 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/24 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む