サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ウンベルト・サバ詩集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウンベルト・サバ詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.8
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-04658-X
  • 国内送料無料

紙の本

ウンベルト・サバ詩集

著者 ウンベルト・サバ (著),須賀 敦子 (訳)

すべての古い価値観が崩壊した第一次大戦前後のイタリアで、まだ写実を信じることのできた奇跡的な作家・サバ。「家と田園と」「トリエステとひとりの女」「しずかな失望」などから珠...

もっと見る

ウンベルト・サバ詩集

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すべての古い価値観が崩壊した第一次大戦前後のイタリアで、まだ写実を信じることのできた奇跡的な作家・サバ。「家と田園と」「トリエステとひとりの女」「しずかな失望」などから珠玉の詩を集めた詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウンベルト・サバ

略歴
〈サバ〉1883年トリエステ生まれ。第一次大戦後、晩年に至るまで古書店を経営した。20世紀最大のイタリア詩人と言われる。1957年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

図書館で本を借りるということ(『ウンベルト・サバ詩集』を読んで)

2009/04/03 14:50

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近、低調な日々が続いている。
春だ。桜も咲き始めている。風もだんだんと暖かくなってきた。そして僕の心は沈んでいる。
行くべきところがない。会うべき人がいない。
仕方なく、僕はほとんど毎日、図書館に足を運ぶ。
図書館は、家から歩いて十分くらいのところにある。これは、僕にとっては幸運なのだ。
図書館ができたのは、僕が予備校のころか、大学一、二年のころだったと思う。
それまでは、僕にとって図書館といえば、学校の図書室であり、大学の図書館だった。
たしかにそのころは、一週間のほとんどを学校あるいは大学に通っていたのだから、家の近所に図書館がなくても、困らなかったのだ。それに予備校のときは、ほとんど勉強以外の本は読まなかったし。
しかし大学を卒業して、たまに短期のアルバイトをする以外に行くべき場所もない僕にとって、いつのまにか近所に図書館ができていたことはラッキーとしかいいようがないことだ。
図書館で本を借りるということには、いい面とあまりよくない面がある。
それは、コインの裏と表のようなものなのだが、借りて、つまらなかったら、すぐに返せばいいし、逆に言えば、何ヶ月もあるいは一年くらい時間をかけてじっくりと一冊の本と向き合うことができない、ということだ。
たとえば、僕にとってはジョイスの『ユリシーズ』。集英社ヘリテイジシリーズの『ユリシーズ1』を読み終わったのは、去年の五月。しかし、今、しおりが挟んであるのは、『ユリシーズ3』の三分の二を終えたくらいの場所。つまり、集英社ヘリテイジシリーズでは『ユリシーズ』は全部で四巻だから、このペースで行けば、たぶん『ユリシーズ』という一冊の書物を読み終えるのに、一年以上はかかるだろう。これは、毎日少しずつ読む、ということではなく、少し読んでは、他の読みやすい小説を読む、ということを意味している。つまり、だいたい僕は月に十冊前後は本を読むのだが、それら十冊の合間、合間に『ユリシーズ』を少しずつ、鍾乳洞ができるくらいのスピードで読んでいる、ということだ。
図書館で本を借りる場合、こういったことはできない。しかし、書架をぶらぶらと歩いて、なんとなく気になった本が、自分にとってすごく大切な本になることもある。
この、『ウンベルト・サバ詩集』がたとえば、そうだ。この本は図書館で何気なく手に取った。そう、何気なく。ぱらぱらとページをめくってみて、なかなかよさそうだったので、借りた。そして、家に帰って読み進めるうちに、これは、自分にとって大切な本だということが分かった。
この詩集の中で、トリエステという町が一つの大切なポイントだと思う。トリエステ、といえば、一時期、ジョイスも滞在していた場所だ。僕はパソコンの電源を入れ、グーグルマップで、トリエステの場所を確認した。
思うのだが、僕の「書評」は自分のことについてばかり書いていて、本についての紹介にちっともなっていない気がする。それもまた、ゆううつなことだ。しかし、この詩集について、少し説明を加えるならば、現代日本の「現代詩」の陥穽からはひどく遠ざかった、平明で誰にでも分かる言葉で書かれた詩だ、ということはつけ加えるべきだろう。僕はトイレに行くとき、村上春樹翻訳ライブラリーの中のカーヴァーの詩集を手に持って行く。そして、トイレの中で詩を一つ、二つ、読む。カーヴァーの詩のファンはたくさんいると思うが、あなたが、もしそうであるならば、この『ウンベルト・サバ詩集』も読んでみることをおすすめする。カーヴァーの詩の言葉の平明さ、とかなり近い平明さで書かれている。それは、現代日本の頭で作ったような「現代詩」とはまったく違って、もっと一人一人の個人によりそった、愛の詩、喪失の詩、嘆きの詩、郷愁の詩、そして、矜持としての詩である。
図書館から借りて、すごく気に入った本はできるだけ、bk1で買うことにしている。
この『ウンベルト・サバ詩集』が僕の中でそのリストの一位になった、ということで、僕のこの詩集に対する思いが伝わるだろうか。春はゆううつな季節だ。その心情にサバの詩はそっと寄り添う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/26 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/07 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る