サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖精学入門(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149419-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

妖精学入門 (講談社現代新書)

著者 井村 君江 (著)

妖精学入門 (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

妖精の不思議な魅力にはまる、第一歩。

2012/04/11 15:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

山岸涼子の「妖精王」を読んで、妖精に興味を持ったので読んでみた。
井村君江という名は、イェイツの訳書などできいたことがあった。
おそらくケルトの神話や妖精の研究を、日本で最初に始めた人ではないだろうか。
アーサー王伝説などの騎士物語やシェイクスピアにもかなり通じている人で、
多方面からの妖精の分析は、興味と味わい、ともに深い。

「ピーターパン」のウェンデイ、「夏の夜の夢」のパックなどをはじめとして、
小説や演劇、オペラやバレエ、絵画や音楽など、あらゆる分野に妖精は存在している。
ケルトの神々は、新たな神の出現によって勢いをなくしてしまったが、
妖精たちはまだまだ現在にしっかりと息づいているのである。

本書では、なぜ妖精というものが生み出されたのかを、人間の心理に照らして探り、
ケルト神話からの妖精の起源を辿り、分類、分析していく。
入門とうたっているだけあって、広大な妖精の世界への入り口として最適で、
要所要所のエッセンスをおさえてあり、全体像をざっくりと掴めるようにできている。
そびえ立つ高い山を、一歩一歩登っていくのではなく、まずはリフトに乗って
ある程度の高さまで行き、ざっと景色をのぞむという感じだろうか。

先に触れたシェイクスピアは、じつは現代の妖精のイメージをつくりあげた人だった。
本書の妖精小辞典をみてみるとわかるのだが、
妖精ときくとなんだか可愛らしくて羽が生えてふわふわ飛んでいるイメージがあるが、
ケルト神話とともに語り伝えられてきた妖精は、意外にも容姿がみにくかったり、
人を呪ったり食べたりと、血なまぐさい匂いにあふれている。
妖精というより、化け物、怪物といったほうが喚起するイメージに近い。
では、いつから妖精があの小さくてふわふわしたイメージになったのか。
それはシェイクスピアの戯曲に妖精が書かれてからだとか。
シェイクスピアは民間伝承の妖精やギリシャ・ローマ神話の精霊たちを
素材を生かしながらも料理の腕をふるい、ひとつの皿の上に盛ってみせたのだ。
かれの作り出した作中の妖精たちは、古くからの伝説や神話の要素を持っているが、
シェイクスピア独自の斬新なスタイルという味つけで、ファンに愛されてきたらしいのだ。
いまふうにいえば、シェイクスピアに登場した妖精たちはファッションリーダー的な存在。
そのかわいらしいスタイルが時代のアイコンになって、人々の心に深く残り、
現在も支持されているって、すごいことじゃないだろうか。
妖怪ときくとなんだかゾッとするが、妖精ときくと愛らしい。
この淵源がシェイクスピアにあったとは。

意外なエピソードはまだたくさんあり、あのホームズシリーズのドイルが、
妖精についての研究した文章を書いていた話や、妖精ときのこをめぐる話など、
興味は尽きない。
これを読んだわたしは、井村君江著の「ケルトの神話」を買ってしまった。
おそらくおなじ著者の「アーサー王ロマンス」にも手をのばすだろう。

その気になれば、妖精は書物や舞台のなかだけではなく、現実世界にもみえるだろう。
なんだか森に出かけたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

妖精について概観的に理解するのに便利な一冊

2001/01/26 22:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 妖精についての概説的な入門事項を要領良くまとめた一冊。コンパクトな妖精小辞典もなかなか便利ですし、妖精絵画のカラー・モノクロ図版も大量に掲載されており、それだけでも価値があると思います。
 近現代の諸作品……とくにシェイクスピアによりもたらされた妖精観の変化が現代の妖精像に与えた大きな影響、なども含めた妖精観の移り変わりが興味深く感じられました。娯楽作品とはあれだけ大胆な再解釈をやっていいものなのだと思うと、書き手として、たいへん勇気がでます。伝承では○○だ、慣例的にはその用語がさすものは別のものだ……とかいった主張がむなしく思えてしまうほどです。
 全体として、妖精とはケルトにおける妖怪である……という印象を強く受けましたが、日本の妖怪もまだまだ料理のしかたはありそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 04:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/14 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/01 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/15 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/14 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/08 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/05 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む