サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ムーミン谷の名言集 パンケーキにすわりこんでもいいの?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ムーミン谷の名言集 パンケーキにすわりこんでもいいの?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-209211-5
  • 国内送料無料

紙の本

ムーミン谷の名言集 パンケーキにすわりこんでもいいの?

著者 トーベ・ヤンソン (文・絵),ユッカ・パルッキネン (編),渡部 翠 (訳)

友だちをさらう方法、外には未知と不安と…、家族にもたまには風を通さなくっちゃあ、などムーミン谷の住人のやさしい哲学を紹介。童話の中の印象深い思索や、最高に活きのいいひらめ...

もっと見る

ムーミン谷の名言集 パンケーキにすわりこんでもいいの?

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友だちをさらう方法、外には未知と不安と…、家族にもたまには風を通さなくっちゃあ、などムーミン谷の住人のやさしい哲学を紹介。童話の中の印象深い思索や、最高に活きのいいひらめき等を詰め込んだコトバのそよ風。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トーベ・ヤンソン

略歴
〈トーベ・ヤンソン〉1914年ヘルシンキ生まれ。49年、ムーミンシリーズの第2作「楽しいムーミン一家」で国際的評価を得た。受賞多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ムーミン谷の哲学者

2001/02/14 20:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ムーミンといえばアニメでおなじみですが、童話のムーミンシリーズにはアニメでは表現しきれないすばらしさがあります。
 そのなかでもきらりと光る言葉だけを、この本は集めているのです。
 ここでは、誰もが哲学者です。普段は落ち着いた大人のムーミンパパも青春時代を思い出して語ります。優しいムーミンママも「つまらないわ、ママって。自由でなくて」と悩みます。あのちょろちょろしていて生意気な女の子ミイすらしっかり哲学者しています。
 「ママっていうのはね、簡単にひょいひょい消えちゃうものじゃないのよ。ちゃんと探したらきっとどこかのすみっこにいるものなの」
 このようなすてきな言葉が詰まった作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いまさらムーミンなんて読めないと思っている大人の方へ

2007/02/07 00:33

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cuba-l - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コーヒーは、年老いてふるえがきてから、飲むものです。」
(ヘムレンおばさんの言葉)

コーヒーについて、ことの是非はともかく、何事をするにもその事にぴったりのタイミングやふさわしい年齢というものがある。トーベヤンソンのムーミンシリーズにだって、アニメやコミックで触れた人は多いのだろうが、物語の方を大人になってわざわざ読もうと思う人は多くはないし、いざ読んでみようと思っても子供向けの文学ということもあって大人が読むにはまどろっこしくてとても読み切れなかったりするものだ。

そんな大人、つまり、ムーミンにはいろいろと良い思い出や印象を持っていながらも、いまさら児童文学などを読むという抵抗があったり、大人向けの書物に慣れてしまったゆえに児童文学のリズムにあわせて読むのが耐えられないような大人には、本書はぴったりのアンソロジーである。

ムーミンの物語は理想郷のような世界に見えて、実は人間社会への深い洞察に支えられた人物や出来事が展開するためか、時に現代の神話とも呼ばれる事があるが、そんな物語からなにがしかの示唆を含んだような言葉を抜き出してまるでムーミン谷哲学のエッセンスを抽出したような本が本書である。
ただし、トーベの編んだ言葉はどれも魅力に富むのだが、同時にどうとらえようとそれは読者の自由と裁量次第という突き放した雰囲気も同居しているようだ。

「誰かを崇拝しすぎると、本当の自由は得られないんだよ。」
(スナフキンの言葉)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/23 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/21 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/21 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/31 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/13 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/14 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/29 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/08 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/15 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/26 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/27 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/25 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/09 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る