サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

眠り姫、官能の旅立ち(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/384p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-02563-3
文庫

紙の本

眠り姫、官能の旅立ち (扶桑社ミステリー スリーピング・ビューティ)

著者 アン・ライス (著),柿沼 瑛子 (訳)

眠り姫、官能の旅立ち (扶桑社ミステリー スリーピング・ビューティ)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

頭痛と嗜虐

2008/05/03 12:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 頭痛で眠れない夜の気晴らしにと本書を読み始め……よりひどい頭痛とともに朝を迎えてしまった。

 冒頭から物語の末尾まで、無限に広がるぬかるみのように、縛り叩きと悪趣味な辱めの描写が続く。他国から狩り集められたという、美しい「王子」や「王女」たちの心身に加えられる執拗な虐待に、最初のうちこそ寒気がしてならなかったものの、すぐに寒いも熱いもなくなって、ただただうんざりしてしまった。

 人はどんなことにも慣れるというけれども、たとえファンタジーであるにしても、ほんの数ページでそれらの「出来事」が単調に感じられるようになってしまった自分の脳の順応ぶりに、まず驚いた。

 そして読後…訳者あとがきを読み、キリスト教文化というものの、ある種、得も言われぬ側面について、つくづく思うこととなった。

 著者のアン・ライス氏は、カトリック教育の一環として、キリストの身体に釘が打ち込まれる苦痛を想像するなどという精神的エクササイズを受けるうちに、その苦痛を我がものとして受け止めるばかりでなく、「拷問される美しい中世的な聖者の姿」に重ね合わせることで、生まれて初めてエロチシズムを感じてしまったのであるという。

 たとえばである。東京都北区王子の飛鳥山公園あたりに、いきなり巨大な十字架が立てられ、そこに半裸もしくは全裸の男が手足を釘で打たれて、半死半生で貼り付けられて群衆の注目を集めているとしたら、これはもうSMがかった猟奇事件以外の何ものでもないだろう。不謹慎と誹られることを覚悟した上で書くけれども、キリスト教の文脈から切り離してしまえば、十字架に釘打たれている半裸の男性像というのは、どう言い逃れようとしても、SM的な図案ではないと言うことは難しい。

 宗教教育で、そのような示唆を受けた上、女性として性的な関心を極端に抑圧されるような教育を受け続けた場合、その破綻がどのような形で現れるか……アン・ライスのこのファンタジー作品は、その一例をまざまざと見せつけるものであると言えるかもしれない。

 幸にして…なのかどうか、よくわからないが、私はアン・ライスが受けてきたようなカトリック教育および性的抑圧の強い境遇で育つことはなかった。そのせいかどうかというのも、よくわからないのだが、全編にわたって極端にエロチックかつ猟奇的な行為の描写が延々と続くこの小説を読んでも、官能の解放というものをほとんど感じないばかりか、逆に、本来官能に自然に伴って支え合う関係にあるはずの情緒の欠落のみを強く感じて、殺伐とした気分に陥るばかりであった。感情の共有、相手の気持ちをいたわり想像する心情、相互の信頼によって培われていく情愛…そうしたものが、この世界の主従関係には、微塵も存在しないのである。

 そしてこの物語には、通常のファンタジーに約束されているような「救い」や「解放」や「ハッピーエンド」は存在しない。(どうやらレズビアンらしい)魔女の呪いで百年眠らされたのち、(バイセクシュアルらしい)皇太子の性的暴行によって目覚めさせられた「眠り姫」は、そのまま彼の城へと連行されて虐待の限りを尽くされ、王子の母親である(バイセクシュアルであるらしい)女王の、一層すさまじい虐待の洗礼を受けることによって、精神構造を完璧な「奴隷」のものに作り替えられ、さらなる被虐の試練へと旅立たされるところで、話が終わる。


 この、ひたすら「られる」もしくは「される」ばかりの受け身の「眠り姫」が、最後の最後に、自らの意志によって虐待を受け入れ、主君の意志とは無関係に喜びを享受する域に達するという、奴隷としての精神的自立(?)を果たすところで物語(第一部)が終わるというのは、ある種の皮肉であるのか、それとも必然的結果であるのか、この種の世界に疎い私にはよく分からない。いずれにせよ言えるのは、「眠り姫」に深く執心し、自らの虐待支配のなかに閉じこめ、自己愛的な要求を一方的に突きつけることによって寵愛しようとしていた皇太子の思いの届かない境涯へと、「眠り姫」が旅立って行ったらしい、ということである。

 皇太子を含む、この世界における権力者(つまり嗜虐者)側の人間は、弱者を徹底的に虐待して優位に立つという支配関係に強烈に依存した精神構造を持っている。他国の王族を最下層の奴隷に落として虐待するという風習は、王侯貴族の単なる(悪)趣味の領域に留まらず、より下層の社会構造にも深く食い込んでいて、それなくしては国が成り立たないほどに、奴隷を切実に必要としていることが、物語のはしばしから伺える。彼らの国が奴隷の徹底した洗脳教育や管理方法を編み出していることからも、その存在の重要さが分かるというものであるが、社会構造のなかでは全く逃げ場や救いのない奴隷たちにも、完璧な奴隷としての精神を獲得することによって、支配者側の精神的依存や支配の届かない内的世界を持つに至るという、ある種の逃げ道が存在したことになる。「眠り姫」は、その道をたどるべく、より厳しい試練を受けるために旅だったわけである。

 正直言って、この世界の権力者側の自己愛性人格障害的な人間達が、どうにもこうにも好きになれなかったので、「眠り姫」の自立した被虐行動に傷つき悲嘆にくれる王子たちの様子が描写されるに至り、ほんの僅かだけ、胸のすく思いがしたのではあるけれども……やはり読後に残ったのは盛大なる頭痛であった。


 「眠り姫」の旅立ち後の続編を読めるだけの健康を取り戻すには、もうしばらくかかりそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

眠り姫を目覚めさせたのは、王子の硬くたくましい○○だった!

2001/05/26 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HANA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 だれもが知っている有名な童話「眠れる森の美女」。この童話のアダルトバージョンともいうべき小説が、アン・ライス著のこのシリーズ。
 冒頭からいきなりハードなシーンでちょっと驚いたが、嫌悪感を感じないのはきれいなイラストと、宮殿で調教されるという、どこかしらおとぎ話めいた設定のせいだろう。
 ○○で目覚めた眠り姫は、王子に連れられ厳しい調教を受ける。苦痛と屈辱の中で、眠り姫はいつしか官能の歓びに目覚め、従順な性奴となる。そして、向上心あふれる姫は、さらなる過酷な奴隷人生を自らの意思で選ぶのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なによりも著者が一番楽しんでいそうな同人的ポルノ

2002/06/15 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅知 恵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

<眠り姫>をモチーフにしたSMチックな官能小説。ミもフタもないが、そうなんだから仕方がない。

眠りから覚めた<眠り姫>が、魔法を解いた王子様にあんなことやこんなことをされながら、奴隷としての自覚を深めていく。ちなみに王宮には<眠り姫>と同じような立場の王子・王女が奴隷として奉仕しており、まあ要するに何でもアリの世界である。

正直なところ、女性のセックス・ファンタジーというものがどういうものかよくわからないが、本書に関して言えば、ボーイズラブ大好きのおばさんが同人的に書いてみましたという感じで、とても楽しそうなのが微笑ましい。きっと訳者の柿沼瑛子さんも、嬉々として訳したことでしょう。

内容的には「よく出来た18禁ゲームのシナリオ」と言い切ってしまっても問題ないだろうし、そういう意味ではアン・ライスはきっと日本の18禁ゲームに興味を示すのではないかな。
「次はどんな屈辱を味あわせてやろうかしら」などと呟きながら小説を書くアン・ライスを想像しながら読むのが、おすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/07 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/11 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/13 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/14 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/21 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/15 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。