サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダーシェンカ(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/87p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-215311-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダーシェンカ (新潮文庫)

著者 カレル・チャペック (著),伴田 良輔 (監訳)

ダーシェンカ (新潮文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ダーシェンカが可愛くて可愛くて仕方ない著者の姿が微笑ましい

2002/08/28 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダーシェンカが可愛く映っているのは
深く深く愛しているカレル・チャペック氏が
撮影したから。

ダーシェンカがラブリーなのは
カレル・チャペック氏の深〜い愛情に
包まれているから。

イラストの躍動感が素晴らしいのも
もちろん、カレル・チャペック氏の愛情のなせる技。

1933年に発行された本書が、半世紀以上経った日本で
支持されるのは、そんなところに秘密があるのでしょう。

言語も時代も飛び越えて、まるで親しい友達で
あるかのように、カレル・チャペック氏を身近に
感じるのは、「動物好き」な属性の普遍性ゆえでしょうか。

犬嫌いな方にこそ、お贈りしたい一冊(*^_^*)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネコ好きのわたしもおもわず…

2002/07/24 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みら - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかくかわいい「ダーシェンカ」!! 本来ネコ好きの私にとって、ちまたで出ているイヌ本には、まったく興味がないのですが、大好きなチャペックが書いた本ということで、手にとってみると、「こんなかわいいイヌが存在したの!」という嬉しい悲鳴を発してしまいました。しかも、この本の中には、チャペックがダーシェンカのためにつくった8つのおとぎ話が。チャペック自身が描いたさし絵もかわいいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

犬への愛情が満ち溢れている一冊

2001/01/05 04:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emis - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本が最初に出版されたのは、1933年とあります。
70年近くも昔に書かれた本ですが、犬好きの親ばかは全国共通、時代を超えて普遍なんだなあ…
と微笑ましく思います。
ダーシェンカという小さな犬に、限りなく優しく語り掛ける口調。
かわいらしいイラスト、かわいいかわいいダーシェンカの写真の数々。
小さな犬に注がれる溢れるほどの愛情が、心地よい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストレートな愛情にあふれた愛犬ノート

2005/03/19 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カレル・チャペックといえば、“ロボット”という言葉を生み出した人としても有名で、SFやら園芸、戯曲、童話など多くのジャンルで活躍したチェコの国民作家。でも犬好きさんの間ではやっぱりこの本が一番有名でしょう。

 ダーシェンカは、彼が飼っていたフォックステリアのイリスが産んだ子犬。女の子です。本書はダーシェンカに話して聞かせるためのおとぎ話から、ダーシェンカを観察したスケッチブック、フォトアルバムまで、とにかく隅々までダーシェンカづくしな愛犬ノート。本当にダーシェンカが可愛くてたまらないという作者の想いがストレートに伝わってきます。犬好きのみなさんならきっと共感でき、ほっぺがとろんとゆるんじゃうことでしょう。

 「小犬の写真を撮影するには」と「ダーシェンカのアルバム」のページが特にお気に入りです。
 「小犬の写真を撮影するには」では、子犬の写真を撮るのがどんなに大変な作業かが面白く書かれてあります。子犬の写真を撮った経験のある人なら、きっと、うんうんと大きくうなずく楽しい内容でしょう。私も、うちの愛犬がまだ子犬だった時のことが思い出され懐かしかったです。私の犬は今ではもう老犬となってしまいましたが、アルバムの写真はまともに撮れているものは本当に少ないです。今はデジカメという撮り直しができる便利なものがあるから幾分かマシかもしれませんが、それでも飼い主さんたちの忍耐と努力は今も昔も変わらないことだと思います。「ダーシェンカのアルバム」はモノクロ写真がたくさん載っています。写真とあわせてのチャペックの一言コメントが面白いです。

 こんなにダーシェンカのことを深い愛情のこもった眼差しで育んでいた作者。でもダーシェンカは結局よその家にもらわれていったらしく、その後のことが一切書かれてないのでとても気になります。どんな理由があったかは分かりませんが、ダーシェンカとの別れはチャペックにとってとても淋しいものだったでしょうね。そう思うとほろりとくるものがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

眺めて読んで、心がぽっと温まる本

2002/01/13 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人と動物の関係をユーモラスに描いた作品。ほのぼのとしたイラストや写真を眺めているだけでも楽しいし、何処かすっとぼけたチャペックの文章も味がある。ダーシェンカという犬に優しく語りかけるようなチャペックの言葉。「人間たちとおまえは、血ではなく、もっとふしぎな、もっと微妙な何かで結びつけられている。その何かとは、信頼と愛情なんだ」

 人と動物に限らず何かを愛することの楽しさや大切さをそっと教えてくれるような内容。よく晴れた休日の午後、お茶を飲みながらのんびりと読みたくなるような愛すべき一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに犬好きのための一冊(どこかの書評より…^^;)

2000/08/17 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あつぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作者がどう、とかよりも何よりも、犬の絵がかわいい。
 飼っていた仔犬のための(!)おとぎ話とイラスト、写真(+エッセイ的な文少し)で構成された、元々は絵本だったものらしい。絵とコメントがかわいくて買ってしまっただけなので、内容(おとぎ話もかわいく
はあるけれど)については特にない。
 どっかの書評にもあったが、まさに犬好きのための一冊。
 文庫なので手軽に買えてよいが、別タイトルのハードカバーで本作+αの内容のものが出ているはずなので、本当の犬好き・チャペック好きにはそちらの方がいいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/06 02:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/26 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/10 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/03 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/02 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/03 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る