サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狂気の王国
  • みんなの評価 5つ星のうち 1.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87893-309-7
  • 国内送料無料

紙の本

狂気の王国

著者 フリードリヒ・グラウザー (著),種村 季弘 (訳)

精神医学花盛りの1930年代、スイスの精神病院を舞台に繰り広げられる異色の探偵小説。狂気の精霊マットの支配するむき出しの無意識の世界を描く。スイスの名刑事シュトゥーダー、...

もっと見る

狂気の王国

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精神医学花盛りの1930年代、スイスの精神病院を舞台に繰り広げられる異色の探偵小説。狂気の精霊マットの支配するむき出しの無意識の世界を描く。スイスの名刑事シュトゥーダー、日本初登場作品。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

フリードリヒ・グラウザー

略歴
〈グラウザー〉1896年ウィーン生まれ。外人部隊や皿洗い、庭師など様々な職を経験する。1938年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価1.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

すべての人間の根底に孤独がうずくまっている

2000/12/25 06:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子房 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリとしては、出来が悪い。主人公はいきなり事件へと引き込まれ、状況説明もろくにされず、何が謎なのかよく分からず、事件に興味も抱けないまま、話は進んでいく。それゆえ、結末の解決篇を読んでも感興は湧かないし、腑に落ちた気分もしない。

 この小説は、二十世紀初期の精神病院の様子を語ることが本筋だそうで、作者自身の体験したという治療法や患者や医師が描きこまれている。そうした点では価値ある作品なのかもしれない。

 だが、小奇麗な病院、軽度の患者、普通の看護士と医師。どぎつく酷薄な描写もなければ、狂人が幸福そうな様子もない。甚だ、平凡な精神病院。つまらない。もっと暗部を書いてくれればよかったのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/21 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ドイツ ランキング

ドイツのランキングをご紹介します一覧を見る