サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幻の森(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

幻の森 (Hayakawa pocket mystery books ダルジール警視シリーズ)

著者 レジナルド・ヒル (著),松下 祥子 (訳)

パスコー主任警部は祖母の葬儀で、曾祖父が第一次世界大戦で謎の死を遂げたことを知る。一方、ダルジール警視は製薬会社の敷地から発見された古い人骨をめぐる事件に追われていた。二...

もっと見る

幻の森 (Hayakawa pocket mystery books ダルジール警視シリーズ)

1,944(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パスコー主任警部は祖母の葬儀で、曾祖父が第一次世界大戦で謎の死を遂げたことを知る。一方、ダルジール警視は製薬会社の敷地から発見された古い人骨をめぐる事件に追われていた。二つの事件の真相とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

レジナルド・ヒル

略歴
〈ヒル〉別名パトリック・ルエル。1936年イギリス生まれ。ミステリー作家。著書に「長く孤独な狙撃」「眠りネズミは死んだ」「完璧な絵画」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ダルジール警視シリーズ第14作

2001/09/26 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケルレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パスコー主任警部は、祖母の葬儀に参列したことがきっかけで、第一次世界大戦に従軍した曾祖父の死に不審な点があることを知る。以来、自分そっくりの顔をしていたという曾祖父に取りつかれたかのように、パスコーは彼の人生を調べ始める。一方、ダルジール警視は、動物愛護の活動家が製薬会社に不法侵入し、敷地内で人骨を見つけてしまった事件を捜査していた。製薬会社は告訴をためらうし、人骨は古すぎるため立件は難しいと思われていた矢先、活動家の一人が轢き逃げされる。さらに、パスコーの曾祖父を覆っていた謎のベールが少しずつはがれていくにつれ、事件との奇妙な因縁が浮かび上がってくる。
 第一次世界大戦がヨーロッパにとってどんなものであったのか、文字通り泥沼と化した戦場の様子が丹念に描かれているのだが、ユーモアの中に強烈な批判を込めるヒルの筆は、製薬会社の泥沼の敷地を重ねて時空を結び、パスコーの怒りを通して無益な死に対する憤りを呼び覚ます。
 毎作ごとに構成に趣向を凝らしてきたヒルだが、この作品で大きく飛躍したように思う。重層的な構造が物語と完全に溶け合い、ユーモアとバランスのとれた洞察の深みがいっそう成熟度を増している。
 ところで、パスコーは苦難続きだが、ダルジールは相変わらずだ。今作では、口の悪さもパワフルさでもひけを取らない女性と恋に落ちる。その成り行きも、読み所のひとつだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

在ることの不思議

2002/06/09 14:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分の来歴、それはアイディンティティを保証する石の砦だ。だが、それが脆くも崩れ去ったとき、真実を知ることは今までの自分を否定することに等しい。
 パスコーの孤独、それはパスコーの恵まれない家族関係に起因している。そして冒頭で起こる祖母エイダの死によってもたらされた来歴不安は、悪い夢のように彼に取りついて離れない。並行する事件がウィールドとダルジールの視点から描かれているものの、本書のメインテーマはパスコーの自分探しに他ならない。
 だが、先祖の秘密を探る旅も、よくあるトラウマ小説のように感傷的ではなく、単純で退屈な癒しと再生の物語にもなっていない。この極めて中立的な身振りこそ、レジナルド・ヒル哲学の表れであると言ってよいし、甘くて口当たりのよい娯楽小説とは地平を違える偉大さの支点である。第1次大戦における軍法会議の犠牲者への追悼と政府ヘの憤りや、動物愛護運動の実情を見据える真面目さを、ダルジールとキャップ・マーヴェルのロマンス、ウィールドとディックウィードの二人暮らしぶりの挿入により中和させているところも心憎い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/04 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/01 02:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む