サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ケンブリッジ・クインテット

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ケンブリッジ・クインテット
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-590005-6
  • 国内送料無料

紙の本

ケンブリッジ・クインテット (Crest books)

著者 ジョン・L・キャスティ (著),藤原 正彦 (訳),藤原 美子 (訳)

物理学者スノウ、哲学者ヴィトゲンシュタイン、遺伝学者ホールディン等、5人の知の巨人たちが集まり、ディナーを共にしながら人工知能の可能性について議論を闘わせる。スリリングな...

もっと見る

ケンブリッジ・クインテット (Crest books)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

物理学者スノウ、哲学者ヴィトゲンシュタイン、遺伝学者ホールディン等、5人の知の巨人たちが集まり、ディナーを共にしながら人工知能の可能性について議論を闘わせる。スリリングな来るべき知の小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・L・キャスティ

略歴
〈キャスティ〉ウィーン工科大学教授。サンタ・フェ研究所の教授を兼任。専門はゲーム理論。著書に「パラダイムの迷宮」「現実の脳人工の心」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

知力のフルコース

2017/06/25 07:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高峰の科学者たちが食卓を囲む様子が思い浮かんだ。1933年ノーベル物理学賞を受賞したシュレーディンガーや、自ら命を絶ったチューリングなど、その後の運命は対照的だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文学作品というより、入門書として読むべきかも。

2000/09/17 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FAT - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品は、1940年代の知性を代表する5人が、一夜のディナーを共にし、「人間と同様に思考する機械(コンピュータ)を作ることは可能か」という認知科学における大問題について討論する様を描いた「フィクション」である。
 この作品については、評価が難しい。正直言って、「文学作品」として成功しているとは思えないが、訳者が「あとがき」で述べているように、「精神と機械の本質を浮かび上がらせ、それらに関する知見を高校生にも分かるほど平易に解説」する入門書としては成功しているのかもしれない。
 ただし、このような性格を踏まえれば仕方ないのだろうが、本作品の中には、「機械による知性」に対する批判の急先鋒であるウィトゲンシュタインの主張を中心に、現代の視点からすると「何を今更」という感じの議論もなくはなく、本作品の問題領域に関心を持っている人には「食い足りない」感じが残るであろう。恐らく、この点は作者のキャスティも承知しており、それ故、後日談という形で参考文献リストが付されているのが、興味深く思われた。
 ちなみに、この作品の翻訳は、数学者であると同時に、稀代のエッセイストである藤原雅彦氏(美子夫人との共訳)の手によるものである。藤原氏が数学の最先端の問題について、こういった作品を書かれたら、すごく面白い作品になるではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

刺激と魅力と趣向に富んだ書物

2001/02/22 01:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 C.P.スノウとアラン・チューリングとJ.B.S.ホールデインとエルヴィン・シュレーデインガーとルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインの架空の座談会。刺激と魅力と趣向に富んだ書物。とりわけ印象に残ったのは、シュレーデインガーのいくつかの「発言」と後日談の締めくくりに出てくる(究極の?)文章。

《機械に人間のように考えさせるというのは、ロボットにサッカーをさせることに似ている、と多くの人が感じている。それは可能かもしれない。でも何のために。馬にダンスをさせるようなものだ。この半世紀の研究によって明らかになってきたのは、機械には機械の、人間には人間の知性があるということ、そしてそれらは当面、仲良く共存するということである。この二つは袂を分かちながら、それぞれの進歩をとげていくであろう。もし今日チューリングが生きていたら、このような形で彼の夢が実現されたのを見て、苦い勝利と思うのではないだろうか。》

 シュレーデインガーの「発言」を一つだけ記録しておく。

《「あなた[チューリング]はさきほどゲーデルの定理、すなわち数に関する命題で、論理的には正しいとも誤りとも決定できないものがある、とおっしゃいました。でもわれわれ人間には、その命題が正しいとわかるのです。それらが正しいと証明できないだけのことなのです。このことは、人間の精神は知ることができるが、機械には知ることのできない事柄が存在するということではないですか」》

 付記。本書でのヴィトゲンシュタインの役回りにやや不満が残ったので、ミハイル・バフチーンの兄ニコライと銃殺刑を免れたジェイムズ・コノリーと『ユリシーズ』の主人公レオポルド・ブルームとヴィトゲンシュタインの「想像上の会話」を描いたテリー・イーグルトン著『聖人と学者の国』(鈴木聡訳,平凡社)を「口直し」に再読しておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/28 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/12 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/15 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/29 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む