サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. レーモン・ルーセルの謎 彼はいかにして或る種の本を書いたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レーモン・ルーセルの謎 彼はいかにして或る種の本を書いたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/274,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-04084-2
  • 国内送料無料

紙の本

レーモン・ルーセルの謎 彼はいかにして或る種の本を書いたか

著者 岡谷 公二 (著)

ダダイスト、シュルレアリストの盲目的な崇拝を受け、渋沢竜彦、寺山修司らの偏愛を受けたフランスの作家・レーモン・ルーセル。彼の奇矯な生涯、奇妙な創作術、夢幻的な綺想世界を、...

もっと見る

レーモン・ルーセルの謎 彼はいかにして或る種の本を書いたか

3,240(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ダダイスト、シュルレアリストの盲目的な崇拝を受け、渋沢竜彦、寺山修司らの偏愛を受けたフランスの作家・レーモン・ルーセル。彼の奇矯な生涯、奇妙な創作術、夢幻的な綺想世界を、膨大な新資料を交えて論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡谷 公二

略歴
〈岡谷公二〉1929年東京都生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒業。現在、跡見女子大学教授。著書に「南海漂泊」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

レーモン・ルーセルとは誰か

2005/01/07 16:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

レーモン・ルーセルという人物は、二十世紀初頭にふたつの小説と幾つかの戯曲、そして多くの詩を書き、少数の人物からは評価されたものの、多くの非難や狂人扱いを受け、成功したとは言いがたい文学者である。それがなぜ一部で注目されているかというと、その作品を作りだした手法がきわめて特殊なものだったからだ。

ルーセルのある短篇では、冒頭と末尾の一文が、一文字だけ異なっている以外はほとんど同じ文章で綴られている。同音異義語を活用して、一つの単語が違うだけでまったく意味の異なる文章を二つ用意し、片方からはじまって、もう片方で終わる小説を作りだすのである。

そのあとに書かれた長篇では、その短篇で用いられた文章から単語を選び出し、その単語とまた他の単語とを組み合わせることで、小説の細部を作っていく。子細に述べると煩瑣になるのでやめておくが、単語と単語とを結び合わせ、普通には意味の通らないような文章を作りだし、その文章が意味の通るような物語を考え出すというのが、彼の長篇小説を支える手法(プロセデ)なのである。

つまり彼は、言葉と言葉の組み合わせからのみ、小説を書いたのだ。

ルーセルは「文学作品が何一つ現実的な要素、世界や人間たちについてのいかなる観察も含んでいてはならず、まったく想像的な言葉の組み合わせ、ただそれだけしか含むべきではない」という文学上の信念を抱いていた。上記の手法はそのなによりの証拠である。

それによって書かれた彼の小説、戯曲はほぼ全篇が、一見荒唐無稽で奇怪なものの大展覧会の様相を呈している。「アフリカの印象」では大みみずがチターを弾き、仔牛の肺臓でできたレールの上を走る彫像があり、「ロクス・ソルス」では特殊な水のなかで踊る女性の髪が、水との摩擦でエアリオンハープのような独特の音色を奏でたり、黒人の血液から採取できる火薬が炸裂するなど、さまざまな綺想に満ちあふれている。

ルーセルは当時シュルレアリストたちに賞賛され、ブルトンらの熱烈な支持を得た。それは上記のような綺想が、夢の分野に由来するものだと思われたこともあるだろう。

しかし、フランスで網羅的な全集が刊行されるまでの注目を集めたのは、幾つか理由があると思う。ひとつは、フーコーも一冊の本を費やして論じた、彼の「手法」の特異さ。小説を深層から規定する法則の示唆は、ルーセルの小説を素朴に読むことを不可能にした。

そしてまた、ロブ=グリエ、ジョルジュ・ペレック、マルセル・デュシャン、サルバドール・ダリといった作家芸術家らが、その影響を受けているのである。ロブ=グリエはルーセルの「眺め」に影響を受けた「覗くひと」を書き、ペレックはルーセルの架空の自伝をでっちあげ、「人生 使用法」においてルーセルの文章を散種する。デュシャンは「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」の「責任者」がルーセルであると明言し、ダリはルーセルの小説と同題の「アフリカの印象」という絵を描く。他にもミシェル・レリス、ミシェル・ビュトール、寺山修司、澁澤龍彦などなどに、ルーセルの影響がこだましている。

錚々たる顔ぶれ、というところだろう。
しかし、決してルーセルの小説は難解ではない。荒唐無稽にも見える綺想の数々はただ美しく、挿話の奇想天外さは「千夜一夜物語」のように面白く、忘れられない強烈な印象を残すだろう。

ルーセルについて知りたいなら、まずこれを読むべきである(フーコーのは、気が向けば)。岡谷公二氏がこれまでに「ユリイカ」「夜想」などの雑誌に書いた論考を集成し、ルーセルについては基本的なことが網羅されている。それだけではなく、新発見された「ロクス・ソルス」の未定稿も収録されており、その草稿も未完成ながら素晴らしい。

ブログ
「壁の中」から

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/05 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む