サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

患者はこうして殺される
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 飛鳥新社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-347-2
  • 国内送料無料

紙の本

患者はこうして殺される

著者 浅山 健 (著)

麻酔科医として自ら起こした麻酔事故の医療裁判で真実を語れなかったのはなぜか。そして、事故の本当の原因は何だったのか。事件当時の詳細な記録をもとに、密室医療の実態を当事者の...

もっと見る

患者はこうして殺される

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

麻酔科医として自ら起こした麻酔事故の医療裁判で真実を語れなかったのはなぜか。そして、事故の本当の原因は何だったのか。事件当時の詳細な記録をもとに、密室医療の実態を当事者の立場から明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

1999/1/10

2000/10/26 00:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ドラッグインフォメーション - この投稿者のレビュー一覧を見る

医師が、自身の経験した医療過誤事件を赤裸々に告白した一般向けの書。著者は元癌研究会付属病院麻酔科医長。内容の中心は、79年に著者が関与して起きた麻酔事故の紹介。その背景、事件の経緯、訴訟が決着するまでの病院側の対応の他、当初は自責の念にかられていた著者が、保身のために考えを変えていく心の動きまでが事細かに綴られている。巻末に「麻酔科指導医のいる病院」の一覧表も掲載されている。「麻酔事故を避けるために、麻酔科指導医のいる病院で手術を受けろ」というのが著者最大の主張。随所に麻酔医不足の病院の現状が語られている。最近、医師による医療過誤告発本が続々と出版されているが、インパクトは本書が一番。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「それでもあなたは手術を受ける勇気がありますか」

2002/04/26 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大和 和寿子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

過激なタイトルと 本書の帯に書かれた「それでもあなたは手術を受ける勇気がありますか」。

凄ましく、生々しい手術現場の描写に 息をのんで 読み進められない程の衝撃を受けた。
おそらく私自身の手術室での経験と重なって感じたからだと思う。
自分の命は 自分で守らなければ! その為にできることは?

麻酔医として数万人の麻酔を手がけてきた著者が描写する手術現場。麻酔現場。麻酔医の重要性と現状。

患者を死なせてしまった過去の麻酔事故の真実の告白を軸に 日本の医療(外科手術)と
医療過誤について書かれている。

医療事故は、ある人口の割合で起きるものだ、という現実。
事故を隠蔽するのでなく
いかに事故を教訓として活かしていくか、が、日本の医療現場に求められている。

医療の専門知識に乏しい患者にも 分かりやすい説明で手術の詳細が書かれている。
医者としての誠意と熱意が伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/01 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/22 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る