サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワインの自由
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-780286-8
  • 国内送料無料

紙の本

ワインの自由

著者 堀 賢一 (著)

世界のワイン業界で最も名を知られている日本人である著者が、今の日本のワインブームであふれる情報やしがらみにとらわれず、自由に自身のワインに関する意見・知識・思いを綴る知的...

もっと見る

ワインの自由

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界のワイン業界で最も名を知られている日本人である著者が、今の日本のワインブームであふれる情報やしがらみにとらわれず、自由に自身のワインに関する意見・知識・思いを綴る知的ワイン・コラム。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堀 賢一

略歴
〈堀賢一〉1963年北海道生まれ。青山学院大学大学院修士課程修了。ワインインスティテュートオブカリフォルニア駐日代表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ワインは決して難しいものではない

2007/03/21 12:11

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ著者の『ワインの個性』の方を最近知り、その本の前にこの『ワインの自由』を書いていたことも知ったので、先に『ワインの自由』を読むことにした。著者は冒頭でこう書いている。

「自由」とは、他から影響、拘束、支配などを受けずに、自らの意思や本性に従うことをいいます。

その言葉通り、本書には今までの通例に囚われない自由な物言いが溢れている。例えば、「料理とワインの相性」という節は「私は、料理とワインの組み合わせについていろいろと講釈をたれるひとが嫌いです」で始まり、「自分が好きな料理を食べながら、自分の好きなスタイルのワインを飲むのがそのひとにとってベストの組み合わせのはずで、その組み合わせを知っているのは自分だけなのです」という文章で結ばれている。

本書からは、ワインの産地、葡萄栽培、醸造、熟成、サーヴィス、とワインにまつわる一通りの知識を得ることができる。そして何よりも素晴らしいのは、それらのワインにまつわる様々な通例を鵜呑みにするなという提言がなされていることだ。

「今日開けた○○は明らかに若開けだった。飲み頃は2、3年後か」なんていう文章をよくワイン系のブログで見かけるが、そんなこと分かるのかよといつも思う。飲みたいワインを飲みたいときに飲めばいいじゃないか。そして、その開けたときの味わいを愉しめばいいじゃないか。

知識は知識として知った上で、あまりがんじがらめにならずに自由にワインを愉しめばよいと改めて思わせてくれた一冊だった。

k@tu hatena blog

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ワインの自由

2008/02/11 03:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:leid - この投稿者のレビュー一覧を見る

産地や銘柄を隠したブラインドテストで、愛好家たちが選んだのは、本場フランスワインではなく、カリフォルニアワインだった。有名シャトーの隣の畑でも同じようなワインが作られている。にもかかわらず相変わらずフランスの有名ワインは高値が付けられて取引され、有名な評論家の言葉で相場は大きく変動する。
地名や格付け、評価に左右されがちなワインだが、ブランドの価値とそれを維持する努力、逆にノンブランドで拘りのワインを作り上げようとする努力。評論家の受け売りの蘊蓄も悪くないが、ボルドーの有名シャトーのブランドを楽しむのも、カリフォルニアワインのうまさを楽しむのも、自由な楽しみ方ではあるのだろう。
価格の背景や現在の作り方などあまり知られることのない面も自然に描かれているので、知識以上に読み物としても面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/02 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

酒・ドリンク ランキング

酒・ドリンクのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む