サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

唯脳論(ちくま学芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08439-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

唯脳論 (ちくま学芸文庫)

著者 養老 孟司 (著)

唯脳論 (ちくま学芸文庫)

950(税込)

唯脳論

810 (税込)

唯脳論

ポイント :7pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

あの一撃は忘れがたい

2002/06/30 19:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さて、思えばこの本を読んだのも随分と昔になるな。昔のことであるけれども、ずこんと脳髄にしたたかなる打撃を感じたことは覚えておる。
本書の趣旨は、極めて単純。
人間が感知しうる事物は脳の構造によりあらかじめ規定されている。人類の文明、脳内のイメージを現実化させることにより、発達してきた。都市という「人工物」のなかで一生を終える現代人は、すでにヴァーチャルな世界に生きている。
なかなかに卓見であった。
著者の養老教授は、この本を上梓した当時、東大に何十年も勤めていた解剖学の先生であった。この本が評判になり、以降、多数の著作を発表される。「脳」というハードの制約から人間の限界や言動の理由を解く発想は、そうした経歴からきている。
この本から得た「もののみかた」は、今では、自分の血肉になっている部分がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

養老孟司はここからはじまる。

2004/10/12 01:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミスケピエール - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳という器官の仕組みを元に、人間にまつわるさまざまな事象を(文化までも含めて!)説明する。作者のこの後の全ての著作の根底に流れる考えを正面から説いた本。

本来は時間の流れを持たない視覚と、時間と切り離せない聴覚を、脳内でどうにかして結合させたところから言語が生まれたというのは興味深く感じた。そこから説明すると聴覚言語と視覚言語が能力的には同時に生まれたという事になるのだけれど、言語学をやる人の目からみたらこの議論はどうなんでしょう?

 また、脳という器官の機能する形が、文化を含めて人間の考え出す全てのものに投影されている、と言う。貨幣経済や言語や進化論や、それこそ本当に全てのものに。しかしまぁ、人が考え出し、人が納得して受け入れるものが、全て脳のシステムの模倣なのだとしたら、人間の文化とその中で暮らす人間は<究極のナルシシズムの表現>ということになってしまうのじゃないだろうか。もし、思考する器官のシステムが人間と違う異星人が地球にやってきて、人間の作ったものを見たら、全く理解できずに「なしてそないなんのや!(なぜかエセ関西弁)」と叫ぶのだろう。

 氏の理論を拡張すると、というかそのままうけとっても、人間は、いや生き物は永遠に外界をありのままに受け取ることはできないということだ。これはなんとも切ないが、今ではどこででも言われている。(そういや京極夏彦も「ウブメの夏」でそう言っていた。彼もこの本を読んだのだろうか。)

養老氏がこれを書いたのは今から15年前、1989年のことである。やはり氏は時代を一歩先どっていたといえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/23 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/05 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/29 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/16 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/16 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/18 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/15 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/24 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む