サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 興亡古代史 東アジアの覇権争奪1000年

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

興亡古代史 東アジアの覇権争奪1000年
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-354430-5
  • 国内送料無料

紙の本

興亡古代史 東アジアの覇権争奪1000年

著者 小林 惠子 (著)

古代は我々が考えるほど未開ではなかった。朝鮮半島三国、大陸との交流を再検証し、古代日本を東アジア史の中に位置づける。つぶさに文献資料を渉猟し、紡ぎあげた驚愕の日本古代通史...

もっと見る

興亡古代史 東アジアの覇権争奪1000年

2,777(税込)

ポイント :25pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代は我々が考えるほど未開ではなかった。朝鮮半島三国、大陸との交流を再検証し、古代日本を東アジア史の中に位置づける。つぶさに文献資料を渉猟し、紡ぎあげた驚愕の日本古代通史。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 惠子

略歴
〈小林惠子〉1936年生まれ。岡山大学法文学部東洋史専攻卒業。著書に「白村江の戦いと壬申の乱」「高松塚被葬者考」「聖徳太子の正体」「二つの顔の大王」「白虎と青竜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日経ビジネス1999/3/1

2000/10/26 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:神崎 倫一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近年、日本古代史の分野ほど研究のすすんだジャンルもない。理由はいくつかある。
 第1は「日本だけは特別な国である」とする皇国史観である。これに異を唱えると非国民扱いにされた。敗戦でこのタブーはなくなったが、その反動として唯物史観が登場した。これも一種の神がかりだ。すべての制約がとれてやっとフリーハンドに研究ができるようになった。
 第2が考古学の発達(特に同位元素からの年代推定)により、古墳発掘が古代史の有力な支援となるようになった。宮内庁の皇陵発掘に対するかたくななまでの反対は古代史研究の障害といってよい。
 第3は近隣、東アジア諸国の歴史との関連において地域として日本古代史がとらえられるようになってきた。島国といっても隔離されていたわけではなく想像以上に交流は頻繁であった。
 史家の見るところ、7世紀と8世紀の間に大きな断層がある。政治的にみれば日本(倭、大和)列島の統一政権成立であり、これを権威づけるために日本書紀、古事記が編さんされた。この7世紀以前が古代であるが、記・紀はあまりにも神話的であった。コロモをはがしてみるとおどろくべき多数の異民族との交流であった。本書の中からこれは初耳と言いたくなる指摘を挙げると。
s卑弥呼ひみこは江南の巫術者ふじゅつしゃ・許氏。
s神武天皇は248年9月に安芸あき(広島)で死去。
s応神天皇は五胡十六国の中の秦の一族、苻洛ふらくだった。
s仁徳天皇は高句麗こうくりの英主、広開土王こうかいどおうだった。
s聖徳太子は中央アジアの遊牧民、西突厥とっけつの達頭可汗たるどうかかんであった。
s大化の改新の主役、中大兄なかのおおえは百済くだら王子、翹岐ぎょうき、大海人おおあまとは高句麗将、蓋蘇文がいそぶん、藤原鎌足は百済高官、智積ちしゃくだった。
 挙げてゆけばキリがないが古代アジアにおいては中国を別格として国境、民族はあってなきにひとしく、特に日本列島・朝鮮半島(高句麗・新羅・百済)は一衣帯水ほとんど同族にひとしかったことがわかる。ただ地縁はおそろしい。8世紀以後、韓国は中国の忠実な衛星国になっていったのに対し日本は都合のよい文物のみ中国から吸収するという対照的な態度をとったことが大きく両国の歴史を変えた。
 古代史は面白い。ただし推理小説をよむようにモザイクの破片を組み立てねばならない。たとえば聖徳太子が中央アジアの達頭可汗であったなど度肝を抜かれる。コトバはすぐ通じたのか、ナゾは多いがこれはこれからの研究課題だ。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む