サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日銀崩壊
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-31250-9
  • 国内送料無料

紙の本

日銀崩壊

著者 石井 正幸 (著)

営業局現職課長の収賄逮捕、過剰接待疑惑による幹部98人の内部処分、内部担当理事の自殺−開設以来の危機を迎えている日本銀行。若手エリートの相次ぐ辞職は何を意味するのか? 元...

もっと見る

日銀崩壊

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

営業局現職課長の収賄逮捕、過剰接待疑惑による幹部98人の内部処分、内部担当理事の自殺−開設以来の危機を迎えている日本銀行。若手エリートの相次ぐ辞職は何を意味するのか? 元日銀マンが明かす白亜の楼閣の内部事情。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石井 正幸

略歴
〈石井正幸〉1948年広島県生まれ。京都大学法学部卒業。日本銀行勤務を経て現在、石井プランニング代表取締役社長として経営戦略コンサルティング業務等を推進。著書に「誰も書かなかった日本銀行」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日経ビジネス1998/12/21

2000/10/26 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斎藤貴男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本銀行の資産内容が急速に悪化している。銀行や証券会社の相次ぐ破綻で、日銀特別融資(日銀特融)が乱発されたためである。「キャッシュディスペンサー(現金自動支払機)に成り下がった」とはOBたちの嘆き声。
 しかも最近は、法の枠を超えた“ヤミ特融”さえ常態化しているという。かの日本長期信用銀行をはじめとする複数の金融機関が対象で、日銀はこの“超法規的措置”を、天下り先拡大の武器にしているというから恐れ入る。
 日銀特融の原点は1965年、当時の山一証券に対して行われた措置に求められる。ただしこの際、日銀は山一の新旧経営陣の責任を明確にし、私財も提供させた。後顧の憂いなきようにと幹部たちが真剣な議論を交わしていた様子が、内部資料に残っていた。
 翻って現代。金融・証券界にはそもそも責任という言葉が存在しない。“エリート課長”とやらが接待漬けで逮捕されもしたが、たった1人の生贄の陰では、その何百倍もの悪党どもがしめしめとほくそ笑んでいるのだろう。この国の“中央銀行”は、歴史を教訓とするどころか、三十数年前よりもはるかに後退してしまった。
 日銀は一朝一夕にここまで墜ちたのではない。かつて15年間も日銀に勤務した経歴を持つ著者が書き下ろした本書『日銀崩壊』を読むと、腐敗の現実とプロセスがよくわかる。
 あまりにも完璧な天下りシステム。公私混同も甚だしい縁故採用の横行。シンパ学者を金で操る世論誘導の実態。寿司を差し入れてくる民間銀行を指して“○銀寿司”と呼び捨てる驕慢きょうまん…。
 心ある日銀マンたちはことごとく失望し、去っていく。とっくの昔に“過去の人”になっていた速水優新総裁の登場とその後の体たらくは、失望をいっそう加速させた。
 関係者ならではの興味深い新事実がいくつも紹介される本書に、しかし、いわゆる暴露本のニュアンスは乏しい。著者はあくまでも、愛する古巣の再生を願いつつ、そのための処方箋まで提示している。行間から滲み出る叫びは、悲痛でさえある。
 かつての同僚に1日も早く届けたいという思いからなのか、本書は緊急出版的な趣が濃い。それだけに個々の話題の突っ込みがやや浅く、もの足りなさも覚えるが、その分わかりやすく仕上がっているとも言える。
 著者は「あとがき」で、いずれもっと子細な考察を加えた書物を世に問うつもりだと公約した。日銀のみならず、あらゆる官庁や大企業で、彼のようなOBや現役幹部が次々に現れるようにならなければ、この国に明日はない。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

金融機関・銀行 ランキング

金融機関・銀行のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む