サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孤独を生ききる(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/224p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-72690-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

孤独を生ききる (光文社文庫)

著者 瀬戸内 寂聴 (著)

孤独を生ききる (光文社文庫)

494(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

人生とは「孤独」と悟ること

2006/12/24 10:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人間、生まれるも一人、死ぬのも一人、元来孤独な動物である。それを癒す為に恋愛をし、結婚をし、家庭を設ける。しかし、結局は、一人なのである。だったら、人間孤独である事を自覚し、その覚悟で生きていく方が建設的な生き方である。私は、生涯独身を決めた。家庭も子供も持たない。平日に会社に出ている時は、仕事仲間に囲まれ、仕事に追われ、孤独を感じる余裕は無い。だが、時には、自分の仕事の姿勢が受け入れられなくて孤独を感じる時もある。休日は、いつも一人である。ほとんど会話の無い休日も有る。定年退職後の生活は、こういうものかと思うと寂しくなる時もある。旅に出るのも一人だ。だが、孤独を積極的に受け入れると、これほど良いものは無い。何が良いか、それは、「自由」が有るという事である。子供を持ち、家庭を持って孤独を避けるという事は、それだけ「自由」を削る事である。
 人間、本当に孤独を忘れる瞬間がある。それは、セックスにおけるエクスタシーの瞬間だ。この瞬間こそが、全く孤独の悪魔から解放された瞬間である。人間誰でも、この瞬間の快楽を追求する。しかし、これは、正に瞬間であり、また、飽きという悪魔も垣間見る事が出来る。
 本書では、結婚しても孤独、離婚しても孤独、愛人が居ても孤独、死に別れても孤独、生別でも孤独、兎に角、人間、孤独の悪魔からから逃れる事は出来ないという主張を展開している。特に、「老い」に対する孤独は、大きな問題として挙げている。この悪魔から逃れるには、「孤独」を避けるのでは無く、積極的に取り込んだ生しか無いと私は思った。
 私の人生は「孤独」である。しかし、「自由」である。人間、一人で生まれ、一人で死ぬ事を考えると、それで良いのだと思う。これからも、肩を張った生き方で無く、いつまでも、孤独で生きていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/16 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/14 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/04 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/04 07:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/07 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/14 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/15 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/12 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/13 03:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/16 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/03 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/15 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む