サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雨の扉(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-72693-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

雨の扉 (光文社文庫)

著者 薄井 ゆうじ (著)

雨の扉 (光文社文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

雨 の 扉

648 (税込)

雨 の 扉

ポイント :6pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

この人にしてはちょっと物足りない

2002/02/28 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しっぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 薄井ゆうじは好きな作家のひとりだ。
 現実の世界の中に一つだけ異質なものが紛れ込むところから彼の作品世界は拡がっていく。他の作品では、それは例えば両性具有だったり、世界的な大魔術師だったり、身長が伸び続ける男だったりする。そんな非現実的なものを長い作品の中できっちりとリアリティーをもって書いていくのはとても難しい。薄井ゆうじはその辺りをきちんとクリアできている。だからこそ異質なものの存在が、現実の中にあるいろいろなものを逆に鮮やかに浮き彫りにすることができるのだと思う。

 さて、この作品。どことなく演劇的な構成のようなきがする。別に物語の中に劇団や芝居の話が出てくるからではなくて。それは物語のところどころに雨が降るからだ。芝居の暗転や場転の音楽のように雨は降る。それによって視点が変わっていき、読む方はここちのいい戸惑いの中に放り込まれる。
 一人の男の青年時代と中年時代が同じ瞬間に生きているのがこの物語の異質なもの。中年の男が書いた一本の戯曲の上演と、彼の死んだ妻の若い頃の姿をもった青年の恋人の少女とをめぐって二人はお互いを意識しあい、お互いの中に自分にないものを認めてぷつかりあう。

 途中までは最高におもしろかったんだけど、最後は少しはぐらかされたような気分でした。それも中途半端にはぐらかされた感じ。話の中でどれほど遠くに飛んでいってしまっても、最後にはきっちり現実世界に着地させるのがこの作者のうまいところなんだけど、今回はちょっと失敗ではないかと思います。それでもきっちり読ませる面白い作品ではあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物語と記憶と愛情

2002/06/08 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 物語とは記憶である。記憶とは印象の残搾だ。では愛情は?
 薄井ゆうじの作品では、恋愛に近い感情がおおきな比重をもって語られる。けれども、直截的に「恋愛小説」のレッテルを貼るのも、なんか違うような気がする。たいていは「風変わりな」という形容詞をつけくわえる。あるいは、無理に特定のジャンルに分類するような真似をあきらめる。
 この物語も他の薄井ゆうじ作品とおなじく、不思議で、切なくて、暖かい。
 この小説では現実ではありえない奇妙な三角関係が語られる。一人の少女と二人の男。だが、二人の男はどうやら同じ人物の過去と現在(あるいは、現在と未来)らしいことがだんだん明らかになっていく。
 強引、というか、非現実的な設定だが、小説を読んでいる最中はぜんぜん気にならない。いや、この設定が独特の「味」になっている。例えば三十代の主人公が過去の自分、十代の自分のアパートを訪ねるシーンがある。この時のスリリングさは、ほかの小説では体験できない。
 過去の記憶と現在の状況が交錯し、話しのゆき先がまったくみえない。
 そして、ラストの見事な着地ぶり。
 素直に、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む