サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

史実を歩く(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-660003-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

史実を歩く (文春新書)

著者 吉村 昭 (著)

史実を歩く (文春新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

歴史の語り部の裏話。

2010/05/06 09:29

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 吉村昭の歴史小説が好きになったのは『戦艦武蔵』を読んでからだった。司馬遼太郎のような言葉の装飾は無いけれども、ひとつの事実を丁寧に拾っていった結果が文章となっており、既刊のものを争うようにして読み倒していった。
 そして、その合間、合間に短編小説、エッセイの類にも手を伸ばしていった。そのエッセイの中にも時折、資料を求めた旅先での偶然などを綴ったものを読んでいたので氏の作品の裏側を知ってはいた。しかしながら、本書はその資料探しに加えて、小説の書き出しについての考え、疑問、失敗が述べられている。これは歴史小説を書く方のみならず、評論や歴史研究の方の参考になるのではと思う箇所が多い。
 確たる何があるのか分からないが、歴史的な事件の場所を訪ねて歩いてみる。関連のある場所の空気を吸ってみるという重要性を示している一冊と思う。

 氏の『海の祭礼』という作品は幕末の日本人がどのようにして英語を学んだかにおいてマクドナルドというアメリカ人が居たことを描いたものである。この作品にはオランダ通詞から幕臣になった森山栄之助という人物が登場するが、この人物について地元長崎の郷土史家が新たな事実を発表されている。大学の研究者も顔負けの長崎訪問を繰り返して資料を調べられた吉村氏でさえ、取りこぼしがあることに歴史小説を書き上げる難しさを思い知らされた。
 氏のエッセイなどを通してだけだが、歴史的な事実を提供される方、特にプライバシーに配慮されているところに好感を覚える。こういった姿勢が多くの吉村ファンを惹きつけてやまないのではと思うが、亡国の病とまでいわれた結核に打ち勝った氏のプライドがそうさせるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/08 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/02 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む