サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニッポンの犬
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:27cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-52958-5
  • 国内送料無料

紙の本

ニッポンの犬

著者 岩合 光昭 (写真),岩合 日出子 (文)

日本人と日本犬は、この日本列島で1万年以上いっしょに暮らしてきた。今も各地に残るヒトとイヌとの暮らしの風景を求めて旅した記録。芝犬、紀州犬、四国犬、甲斐犬、北海道犬、秋田...

もっと見る

ニッポンの犬

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人と日本犬は、この日本列島で1万年以上いっしょに暮らしてきた。今も各地に残るヒトとイヌとの暮らしの風景を求めて旅した記録。芝犬、紀州犬、四国犬、甲斐犬、北海道犬、秋田犬の6種が登場。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩合 光昭

略歴
〈岩合光昭〉東京都生まれ。フリーの写真家。野生動物を中心とした大自然を撮り続けている。
〈岩合日出子〉横浜市生まれ。75年に光昭と結婚。著書に「アフリカ ポレポレ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

犬は日本犬に限る!

2001/03/28 22:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:土佐犬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 犬は日本犬に限る。表紙に「カワイイ、りりしい、たのもしい」という宣伝シールが貼ってあるが、まさにそのとおり。この本に登場する犬の顔が実にいい。思わずほおずりしたくなるような犬、ほれぼれとするような表情をした犬、犬、犬…。何度眺めてもその都度うれしくなる本。日本犬好きには、超おすすめ。ぜひ1冊手元において眺め尽くしてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

源泉琴線

2002/04/23 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

【ニッポンの犬の効能】

・どことなく寂しい部屋を暖めたい
 本書の表紙には、「ピッとした犬」が映っておりまして、その背景には「桜」と「富士山」まで揃っています。あんまりにもおめでたくって、ほんのりユーモラス。
 曰く言い難い力で、「祝福」されてる印象さえ受けます。
 部屋の一角に本書を置けば、たちどころに「ほのほのした空気」が立ち昇るでしょう。

・今すぐ可愛い犬か見たい!
 18・19ページの「黒毛の柴犬」をご覧あれ。完璧です。
 小首を傾げて、すっくと立っているのですが、あまりの愛らしさに引き込まれて、自分も首を傾げてしまうほどです。犬の良さがこの一枚に象徴されると言っても、過言ではないでしょう。

・元気にはじけた犬を眺めたい
 72・73ページを開いてください。
 雪の中を駆ける北海道犬が登場します。あまりにも嬉しくて嬉しくて、どうにかなっちゃった瞬間をとらえたかのよう。いろいろなしがらみの中で人と共に暮らしてくれる犬たち。そのどの子にも、一生に一度はこんな表情をする機会があるといいなぁと、憧れるくらいの「はじけっぷり」です。

 犬の魅力と併せて、古き良き日本の美も満載の一冊。
 眺めてよし、飾ってよし、贈ってよし。
 日本人の心の源泉が琴線をつまびく一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/17 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/19 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/08 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

犬 ランキング

犬のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む