サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 丸善
  6. 丸善ライブラリー
  7. 企業防衛の法務 会社の危機をどう乗り越えるか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

企業防衛の法務 会社の危機をどう乗り越えるか(丸善ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 丸善
  • レーベル: 丸善ライブラリー
  • サイズ:18cm/169p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-621-05279-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

企業防衛の法務 会社の危機をどう乗り越えるか (丸善ライブラリー)

著者 中島 茂 (著)

役職員の不正、内部告発、贈賄問題、総会屋…企業は内外の様々な危険に取り囲まれている。企業案件を企業の危機管理の観点から捉え直し、経営トップを中心に法務・広報を含めた総合的...

もっと見る

企業防衛の法務 会社の危機をどう乗り越えるか (丸善ライブラリー)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

役職員の不正、内部告発、贈賄問題、総会屋…企業は内外の様々な危険に取り囲まれている。企業案件を企業の危機管理の観点から捉え直し、経営トップを中心に法務・広報を含めた総合的対応のあり方を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1998/11/30

2000/10/26 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 各業界で企業の不祥事が問題になり世間を賑わせている。現在はあらゆる企業がリスクにさらされているのだ。日常的な社内不祥事をはじめ、総会屋問題、ハイリスクの投資、不透明なビジネスなど、企業を取り巻く「危機」が、いつ何時企業に多大な損害を与えるかを予測するのは難しい。
 本書は、そんな「危機」から企業を防衛するための法務を解説したもの。今、日本は根回し重視の裁量社会から、法の下での公正な解決が要求される司法社会への転換を迎えている。つまり、企業防衛のためには法の知識が必須となる。本書には各ケースの現場における実践的対処法が、具体的に書かれているのが特徴だ。
 膨大な法務の中で、近年特に着目すべき法律が製造物責任(PL)法と独占禁止法だ。どちらも一度問題が発生すると、企業の被る損害が甚大で深刻なレベルにまで発展する可能性が高い。それを事前に防ぐためにも、法律順守を業務推進の核とした企業内体制の確立が必要となる。そのための作業手順がわかりやすく示されている。
 豊富なケーススタディーをもとにその対応策が解説されているので、法の知識がない人でも理解しやすい。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む