サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うしがそらをとぶ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-19-860932-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

うしがそらをとぶ

著者 デーヴィッド・ミルグリム (作・絵),吉上 恭太 (訳)

「牛が空を飛んだら…」 さっそく画用紙に絵をかいてみた。青い空にぽっかりと浮かんで気持ちよさそう。その絵が本当になっちゃったんだ、信じてくれないかもしれないけど。奇想天外...

もっと見る

うしがそらをとぶ

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「牛が空を飛んだら…」 さっそく画用紙に絵をかいてみた。青い空にぽっかりと浮かんで気持ちよさそう。その絵が本当になっちゃったんだ、信じてくれないかもしれないけど。奇想天外、ユニークな絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デーヴィッド・ミルグリム

略歴
〈ミルグリム〉アメリカ・サンフランシスコ在住のイラストレーター、絵本作家。グラフィック・デザイナーとしても活躍中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子どもの純粋さを失いたくない方にオススメ

2000/08/03 11:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいかい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「うしはそらをとばない。だけどそんなこときにしない」と、男の子は、うしが空を飛ぶ絵を描きました。残念ながら、おとうさんは「へんな絵」と言ってほめてくれません。その絵が風に飛ばされ、うしたちの目の前に落ちます。絵を見たうしは、自分たちは飛べるんだと気づきました。空を飛んでいるうしに気がついた主人公は、喜んでパパやママ、町のみんなに教えますが、誰ひとりとして空を見上げません。どうしてだれも気づかないんだろうな……。

 空を飛ぶうしの気持ち良さそうなこと! 細かいことを気にしない少年のおおらかさ加減も気持ちがいいです。娘に読み聞かせをしたところ、早速うしが空を飛ぶ絵を描いていました。既成概念にとらわれない素直な気持ちをいつまでも持ちつづけて欲しいなぁと気づかせてくれたお話です。

 ウルフ・スタルクの『地獄の悪魔 アスモデウス』でも、うしが飛ぶシーンがありますが、これはマザーグースの"Hey diddle diddle, The cat and the fiddle"のうしが月を飛ぶところからきているのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもの感性を大切にしてあげたい!

2000/11/19 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大人は頭から、「牛は空を飛ばない。」と信じきっています。
だから、子どもが、『空とぶ牛』の絵を描いたら、おかしいというし…
「牛が空を飛んでいるよ。」と子どもが教えても、嘘ばっかりと思ってしまいます。

 『空を飛ぶ牛』の絵を見た牛たちは、「なるほど。」と頷き、次々に空に舞い上がります。
まるで、風船のように空に浮かんでいます。とても気持ちよさそうです。
しかし、大人は誰一人、空中にいる牛には気付きません。
野原で寝転がって、牛たちの空中遊泳を眺めていたのは、「ぼく」とペットのイヌだけ。

 大人の感性では、ついつい見逃してしまうものが
この世界には沢山あるのかもしれませんね。
子どもたちの素晴らしいこの感性を 大人の何気ない一言で壊したらいけないなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/01 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む