サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

演劇入門(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1998/10/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149422-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

演劇入門 (講談社現代新書)

著者 平田 オリザ (著)

画期的演劇論=私はいかに観客を騙すか 平田オリザがぜ?んぶ公開! 対話劇は可能か――私たちがいま、一般に「演劇」と呼ぶものは、西洋近代の枠組みを出発点としている。...

もっと見る

演劇入門

税込 648 6pt

演劇入門

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

画期的演劇論=私はいかに観客を騙すか
平田オリザがぜ?んぶ公開!

対話劇は可能か――私たちがいま、一般に「演劇」と呼ぶものは、西洋近代の枠組みを出発点としている。そして、この「西洋近代劇」は、対話を基盤としている。一方、日本語は、残念ながら、いまだ対話の構造を有していない。これは、一見、絶望的な事態である。もし、単純に、この事態だけを見るならば、「すなわち日本には、近代演劇は成立しない」という3段論法が成り立つだろう。私たちは、好むと好まざるとにかかわらず、すでに西洋近代という枠組みを、文化の中に取り入れて生活をしている。演劇も同様であって、それは「民主主義」や「市場経済」や「科学技術」と同様に、私たちは意識するしないにかかわらず、その枠組みのなかで舞台というものを考えている。私たちが演劇作品、とりわけ翻訳劇を観るとき、「そりゃ理屈では解るけど、日本人は、そんなに喋らないよ」と感じてしまう、その原因の大半はここにある。「対話」を、西洋人と同じレベルで描くこと自体に無理があるのだ。――本書より

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

コンテクストの擦り合わせ

2016/03/31 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間の生活は人それぞれに異なるコンテクストの擦り合わせだ、という論旨が非常に素晴らしい。本書は演劇を題材にした話ではあるけれども、複数の人が集まるコミュニティ運営論としても読み取れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“対話”技法としての演劇論

2004/10/23 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hisao - この投稿者のレビュー一覧を見る

1962年生、気鋭の戯曲作家・演出家が“自分の妄想を他者に伝える”技術=演劇・劇作の技術を平易に述べた演劇入門書です。
著者の語ろうとする演劇は演ずる側と見る側が完全に隔離されたローマ帝政時代コロッセオで行われたの奴隷による見せ物でも、近代帝国主義の産物としてのオペラでも、共産主義政権下のサーカスでもありません。プラパガンダや単純な娯楽としてのテレビ・ドラマでもありません。遠くアテネ民主市民社会の“対話”と“哲学”にその淵源を持つ“西洋近代演劇”です。
舞台空間という限られた時間と場所で表現者と鑑賞者が“時空”を共有する。“近代演劇”は鑑賞者の参加が前提され、表現者と鑑賞者が内的な対話を行う“参加する演劇”です。
「演劇はすべての局面において対話を要請しそれがなければ成り立たない構造を持っている」
「重要なのは“私のテーマ”“私のコンテクスト”を、作品を通じて他者に伝える事ではなく、対話を通じたコンテクストの摺り合わせ、そしてコンテクストの共有、新しい共同体の新しいコンテクストの生成が演劇作品を演劇作品たらしめる要素である」
対話を成立させる技術としての演劇論が語られます。
表現者と鑑賞者が共有する空間を作り上げ、お互いの思いを共感せしめる“仕組み”として、戯曲の場所・背景・問題設定、登場人物の決定からプロット・エピソード・台詞の作り方が解りやすく解説されています。時空を支配する言語的、身体的な対話技法が具体的に明かされています。
“リアル”という概念についても著者は表現者と鑑賞者がコンテクストを共有し、新しいコンテクストを生成する感覚と捉えておられます。
私達の世界は混沌としています、特に今日に於いて国家、企業、学校と言った共同体が強要するコンテクストが音をたてて崩れ、人々はその仮想のコンテクストの無効性を直感し世界の“リアル”を捉える方途を見失っています。
その様な状況に於いて この世界の混沌を混沌のままで少しずつゆっくりと理解し合っていく“対話”を通しての“リアル”確保の技法としての演劇の役割が注目されるところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入門

2001/08/27 18:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 劇作家が自らの演劇理論を優しく解説。従来の演劇におけるリアリズムがいかに現実からかけ離れているかを指摘し、独自の台詞、演出法を論理的に紹介。筆は文明論、日本論に及ぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

演劇入門

2002/07/22 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k.m - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここで扱われている「リアル」や「コンテクスト」自体が、日頃から興味をそそるテーマであり、時代性という流れにも十分に当てはまる考察である。人と人とが向き合い、その関係性から自らの混沌たる内面を引き出す。こうした他者とのコミュニケーションについては、あらゆる言及が繰り返されている。特に「ツール化」され、「商品化」され様々に相対化させる材料がそろっている現在の「コミュニケーション」には、それ自体を語る場が極端に増えてきていることも興味深い。「対話」のなさから、「繋がり」への貪欲さまで、現代のマスメディアや言論をにぎわすテーマのほとんどに係わっているのだから。

「演劇」という切り口で上記のテーマに係わる。それがこの著作での試みなのだが、実作を論理的に分解していく過程はとても楽しく、「演劇」自体への興味を増幅させられた。それは日頃感じている「演劇」に対する敷居の高さや、テンションの釣り合わなさといった既成概念が「小屋」へ足を運ばせない大きな原因となっていることを、著者自身が自覚していることに、とても共感出来るからだ。作り手自身がそのような問題意識をもっているというラディカルさがこの人の魅力なのだろう。「近代」を批判する「現代」の眼差しには、あらゆる分野を横断していく視野の広さを感じる。それは演劇に限らず、現在活躍している様々にクリエイティブな人達の意識からも感じられることだ。

著者は一貫して問題意識の焦点を、作り手→俳優→観客へと伝わるとき「コンテクストの摺り合わせ」が生じる、そのズレに向かっている。このズレをどう解消して行くかの過程に、この著者の人間性が大きく出ている。もとよりこの3者の完全な同意は無理であろ うし、そんなことは誰しも感じら れることだろうが、それを強引にねじ伏せてきた演出も多いのだという。確かに3者をみな納得させることは、鋭利なモノを丸くするだけの危険性を感じるし、作り手との対立が新たな創造を生むようにも思う。ただ著者が狙うモノは同意ではなく差異にある。「漠然とした差異」を強引にねじ伏せるのでもなく、丸く納めるのでもなく、その違いの明確な領域を認識するのだ。

こういった問題意識はとても参考になる。建築を作るのだって同じコトだ。一人で建築が出来ないのは自明なことだが、ではどれほどその「コンテクストの摺り合わせ」へ自覚的になっているかと言えば、確かに疑問を感じる。人はある作品なり空間なりに向かうとき、「コンテクストの共有」を感じられることが、その印象を左右する大きな要因ともなる。そのとき、僕が演劇に感じる敷居の高さや、テンションの釣り合わなさといった「既成概念」がコンテクストの共有を妨げて来たように、僕らが作る建築に対する印象にもそのことは言えるではないか。

最近のカフェブームや雑貨ブームのおかげで若手建築家が雑誌に取り上げられるようになった。こうして得られるコンテクストの広がりは大きい。白くてさっぱりとした部屋へ、自らの趣味の装飾で色付けの出来る空間の需要は増えている。そのなかで作り手が狙う「構成の無化」、「文脈の透明化」といった「恣意性の排除」というコンテクストが行いやすい状況も作られているのだ。しかし依然として広がる「既成概念」の壁は存在する。それは作り手自身の存在感でもある。建築を作る様々な問題に対するコンサルティング業務自体に理解を示す人はまだまだ少ないだろう。そこには「大工さん」から「ゼネコン」へ至る日本の建設事情に、「設計者の不在」という社会意識が根強く存在しているからだ。話が全くそれたが…役に立つ書物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

演劇みたことありますか?

2002/07/17 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優樹O - この投稿者のレビュー一覧を見る

 演劇よりも映画・漫画。長年そう思ってきた。わかりやすくどこでも出来て説得力があり「自然」。演劇は不自然なのだ。あのテンション、まるで檻を眺めるような客との対峙、アングラな決してポピュラーになりえない趣味的なもの。そう捉えてきた。しかし演劇の魅力に気付くきっかけがありそれからよく見るようになった。この本がきっかけだ。

 平田オリザは日本屈指の演出家脚本家である。この本の中で彼は脚本のノウハウ・演出と役者の役割、リアルさと「自然」の違いについて順を追って説明している。たとえばリアルさとは決して自然さではないということ、それに気付くだけでもこの本の意義は大きい。

 オペラやミュージカル・喜劇・コントいわゆる演劇(舞台作品)にはさまざまな方がある。しかしその中心は「舞台をつかった物語表現」であることにはかわりない。この本を読むことで現代演劇・舞台の一端にふれつかんで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/19 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/09 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/11 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/19 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/13 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/14 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/17 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。