サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 読者は踊る タレント本から聖書まで。話題の本253冊の読み方・読まれ方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

読者は踊る タレント本から聖書まで。話題の本253冊の読み方・読まれ方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/339,9p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1066-6
  • 国内送料無料

紙の本

読者は踊る タレント本から聖書まで。話題の本253冊の読み方・読まれ方

著者 斎藤 美奈子 (著)

帯の宣伝文句や書評につられ、ブームに踊らされては「なんでこんな本が売れるのよっ」と文句をつける。タレント本から聖書まで、話題の本253冊を読む「小市民的読書」のススメ。【...

もっと見る

読者は踊る タレント本から聖書まで。話題の本253冊の読み方・読まれ方

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

帯の宣伝文句や書評につられ、ブームに踊らされては「なんでこんな本が売れるのよっ」と文句をつける。タレント本から聖書まで、話題の本253冊を読む「小市民的読書」のススメ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 美奈子

略歴
〈斎藤美奈子〉1956年生まれ。成城大学経済学部卒業。文芸評論家。著書に「妊娠小説」「紅一点論」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

立花隆『ぼくはこんな本を読んできた』より、かなり面白い書評本。

2003/03/14 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Helena - この投稿者のレビュー一覧を見る

このような書評タイトルで、立花隆さん、ごめんなさい。
でもほんと、そう思ったんですよ〜。

最近、斎藤美奈子にはまってる。
あと3冊読めば、彼女の全著作制覇! 読むぞ〜。

斎藤美奈子の、各書に対するコメントは、実に刺激的。
本の著者たちは、どう思ってるんだろうと、
ちょっと心配になりつつも、
私は大笑いしてました。

一部、共感したところをご紹介。
「環境ホルモン狂想曲に男社会が泡くう構図」では、
「環境ホルモンとは、まさに危険な化学物質のお色直し、お尻の重い当局を動かすための最新の切り札として出てきたもの、と考えることもできるのである。仕方ねえな、発ガン性でダメなら生殖異常でいくか、なんてね。」[195頁]

「アダルト・チルドレン人口をそんなに増やしてどうするの」では、
ペックの『平気でうそをつく人たち』を、
隠れアダルト・チルドレン本、と。
う〜ん、確かに納得。

「死ぬまでやってなさい。全共闘25年目の同窓会」
この回も、非常に面白い。

「薬害エイズ訴訟に見るチャンバラ時代劇の構造」では、
川田龍平VSこばやしよしのりを、お子さま劇と。
確かにね〜。
そして、「たったひとりの青年だけを過剰に讃えすぎるのも、あんまりいいことではないよね。」[278頁]
こういう感覚って、共感。

「みんなもひれ伏す「在日アウトロー」という物語」では、
「私自身の率直な気分をいえば、「在日」なんていういい方(くくり方)はもうやめた方がいいと思うし、民族や出自で人を縛るやり方もしたくないし、されたくない。」[284頁]
こういう感覚も、ほんと、共感。

斎藤美奈子の語り口って、ほんと刺激的。
でも、彼女が書いていることって、私なんかだと、
ほんとど共感できるんだよね〜。
なんとなくはそう思っていても、
それを言ったらまずいかなとかって
結構思っていたりして。
斎藤美奈子は、「王様は裸だ!」って言った子どもみたい。
ほんと、好きだな〜。

斎藤美奈子、ほんと、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/26 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ブックガイド・目録 ランキング

ブックガイド・目録のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む