サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 初版グリム童話集 ベスト・セレクション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

初版グリム童話集 ベスト・セレクション
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:22cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-04660-3
  • 国内送料無料

紙の本

初版グリム童話集 ベスト・セレクション

著者 グリム (著),グリム (著),吉原 高志 (編訳),吉原 素子 (編訳)

グリム兄弟が書き換えや書き加えを行う前の童話集の原型として、素敵な挿し絵とともに贈る贅沢な一冊。物語が本来持つ素朴な力強さ、ひと味違った世界を楽しめる。97年刊の全4巻か...

もっと見る

初版グリム童話集 ベスト・セレクション

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グリム兄弟が書き換えや書き加えを行う前の童話集の原型として、素敵な挿し絵とともに贈る贅沢な一冊。物語が本来持つ素朴な力強さ、ひと味違った世界を楽しめる。97年刊の全4巻から、初版でしか読めない話等36話を選ぶ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

グリム

略歴
〈グリム〉兄はヤーコプ。弟はヴィルヘルム。19世紀前半、ドイツ各地の民話や伝説を独自の形で再話化。著書に「金のがちょう」「ほしのぎんか」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おもしろい

2017/01/30 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知らなかったお話や自分が知っていたものとは少し違うお話がありました。最初はこんなお話だったのか!おもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目からウロコの「色っぽさ」。

2000/07/19 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:只野ようこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「本当は恐ろしいグリム童話」など多くの関連本の原典。

 「残酷すぎる」と当時(19世紀)ドイツの親からのクレームで、修正を加えてしまう「前」のオリジナル初版の完訳「初版グリム童話集・全4巻」は話題になったが、これはそこから「白雪姫」等のおな
じみや、初版ならではの話を選び、往時の挿絵も添えた“ベストセレクト”版。

 騒がれたように「白雪姫」も「ヘンゼルとグレーテル」も、子捨て・子殺しをしたのは「実母」だったのだが、より重要なのは、それも含めて、それぞれの話の細部や語感がなんとも「色っぽい」こと。例えば「白雪姫」の冒頭、くだんの母妃のひとりごと、「この雪のように白く、この血のように赤く、この黒檀のように黒い子どもがほしい」。

 冷たい雪の上に、誤ってこぼした自分の血を、黒々した窓枠から白い彼女の顔が覗きこむ。

 なんてきれいな視覚イメージ。

 口伝えの伝承文芸ゆえの、この「艶っぽさ」。

 あなたも一度は体験すべき。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/18 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/23 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 02:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/25 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/15 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/19 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/18 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ドイツ ランキング

ドイツのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む