サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

危険社会 新しい近代への道
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/472,20p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-588-00609-6
  • 国内送料無料

紙の本

危険社会 新しい近代への道 (叢書・ウニベルシタス)

著者 ウルリヒ・ベック (著),東 廉 (訳),伊藤 美登里 (訳)

チェルノブイリ原発事故やダイオキシンなど、致命的な環境破壊をもたらす可能性のある現代の危険とそれを生み出し増大させる社会の仕組みとかかわりを追究。科学と政治のあり方から「...

もっと見る

危険社会 新しい近代への道 (叢書・ウニベルシタス)

5,400(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チェルノブイリ原発事故やダイオキシンなど、致命的な環境破壊をもたらす可能性のある現代の危険とそれを生み出し増大させる社会の仕組みとかかわりを追究。科学と政治のあり方から「危険」のメカニズムを分析する。改訳再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウルリヒ・ベック

略歴
〈ウルリヒ・ベック〉1944年生まれ。ミュンヘン大学社会学教授。ドイツにおける最も重要な社会科学の雑誌の一つ『Soziale Welt』の主任編集者でもある。邦訳書に「再帰的近代化」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

リスク社会分析の新しい古典

2007/11/03 12:54

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本が出た後すぐにチェルノブイリ原発事故があって、ヨーロッパではベストセラーになったという本。いまや新しい古典である。
福祉政策が充実した後期近代社会では、伝統が解体されることによって個人化が進み、たとえば教育機会の平等化によって男女間の役割分担が理論的に破綻し、しかし競争においては既得権益が男性優位社会を構成するのでむしろ男女関係は依存と憎しみを生み出す、というような状況が語られ、家族や人生について、一般的なモデルが消失し、自己の人生を個人でデザインし、実現しなければならない(ゆえに失敗は個人の責任に帰されてしまう)時代になった、と分析される。政治は責任の分担をいかにするか、という問題に帰結し、科学は普遍的真理を追求することよりも工学にその内実を譲り、同時に対世間的には状況を必然の名の下に構成する言明を出す、事態を保証する政治的な役割を多く求められるようになる。中央集権的な政治は解体され、細分化されたカテゴリの諸政治の協調、共闘、競争が、政治を形作るようになる。と、いうような話。面白いのは、科学技術が発展することによって計算不能な危険(リスク)が増大しているのに、社会はあらかじめリスクを計算可能と看做してみずからをデザインしようと欲している、という倒錯的な状況が見えてくることだった。科学が政治化するのはそのような倒錯を覆い隠すためだ、と著者は言っているようである(まあ、私の強引な理解だけど)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/20 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/05 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/08 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/03 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/04 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/25 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/30 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む