サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しのすけのものさし
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:19cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-31255-X
  • 国内送料無料

紙の本

しのすけのものさし

著者 立川 志の輔 (著)

O‐157から銅鐸・携帯電話・失楽園・学校教育まで、世間のさまざまな事象を覗き見し、落語を根底とした独自のものさしではかってみたら…。志の輔落語のマクラの面白さが、笑って...

もっと見る

しのすけのものさし

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

O‐157から銅鐸・携帯電話・失楽園・学校教育まで、世間のさまざまな事象を覗き見し、落語を根底とした独自のものさしではかってみたら…。志の輔落語のマクラの面白さが、笑ってわかるコラム集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

立川 志の輔

略歴
〈立川志の輔〉1954年富山県生まれ。劇団、広告代理店勤務等を経て83年立川談志門下に入門。90年真打ち昇進、文化庁芸術祭賞受賞。著書に「笑われる理由」「古典落語100席」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

がってん!

2001/07/30 09:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 落語家のひとのものさしで、この世間をはかってみたらどうなるのか? まわりくどいことや面倒なこと、いっさいなし。それはもう、まっすぐで丈夫な定規です。表紙の竹のものさしそのもの。
 自分なりのものさしは必要だけれど、それ、曲がってませんか? 自分が持っている曲がった定規をながめつつこの本を読むと、いつのまにか背筋までまっすぐになるような気がしてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日新聞に今も連載中。これとあれがあるから毎日新聞読みますね。

2001/11/22 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:torikata - この投稿者のレビュー一覧を見る

 わたしが好きな「と学会」もこの本にはなかなかツッコめまいて。だって、ほとんど自分の考えとか感想とかばっかりですから。たまーに事実の記載もあるから、「記憶違い」くらいでほじくれるとこもあるかもしれないですが。いや、本論としては、この本面白いです。「ためしてガッテン」の司会と言えば皆様ご存知の立川志の輔さんの書いた本(というか新聞コラムの単行本化)です。この人なにが「エライ」かというと、落語家として、落語をしっかりやる(自分で例会やってるし)し、TVの司会もやってるし、あとコントとかいろいろ「お笑い」やってるんですね。そこらへんのエネルギーと言うか姿勢と言うか、パワフルですわ。しかし「時には落ち込むこともあるし」とか「タバコやめられなくて」とか、そういったことも書いてあったりもする(たしか少し前に禁煙に入ったと書いてあったかな)。「自分レベル」で世の中のよしなしごとに意見を述べているのですね。だからわかりやすいし、おもしろい。ま、なかには読者である私とかちょっとくらい意見の相違もありますが。当たり前ですわね。
 印象に残ったのは「場の力」論です。ホールとか劇場、ライブハウスといった「場」なんですが、そこには「それまで出演した人々の力が込められていて、それはその舞台にたつと、感じられる」んだそうです。じゃ、新しいとダメかと言うとそうでもないらしい。そこらへんは「感じ」ですから。つまり「自然、お話しができてしまう、やりやすいというかやってしまう」ところと「やりにくい、しらけたような」ところがあるようです。わかりやすい例では「地方で作った箱モノとしてのホール」は「お稽古事の発表会が主な用途」だったりするので、そういうところは「力が弱い」そうです。反対に渋谷にあった「ジァンジァン」というライブハウスは、音楽系からお笑い系からいろんな人が力入れまくりでやってたところなんで、「すごく、力を感じる」ところだったんですって。でもそういったことを感じられるのも「場数を踏んだプロ」ならではなんでしょうね。タイトルの「ものさし」というのは「価値観」と言い換えていいのかな。そういった本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/15 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

落語・寄席 ランキング

落語・寄席のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む